ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
切ない
愚痴です。。。。
先日、とっても懐かしい方とお話しました。
もう10年も前に、しつけのお手伝いをさせて頂いた、ワンの飼い主さまです。
年末のご挨拶と共に、色んな近況などをお話して・・・。
ワンも、元気にお散歩も行って、ご飯も食べてしてくれているというのです。
なんてうれしいことなのでしょうか。
それなのに・・・。

「お腹におできがあって」
・・・・
詳しくお話をお聞きしたら、去年に2センチ位の乳腺腫瘍を見つけられて、病院に行かれたそうです。
病院では、

「検査をしないと詳しくはわからないけれど、検査をしたところで、悪性だったらあっという間に転移してしまうので、どうせあまり意味はないので、このまま様子を見たら如何ですか」

といわれたそうです。
心臓が悪かったり、血液検査の状態が良くなかったり、肺に転移があったりしたのか、お聞きしましたら、
元気で何も薬も飲んでいないし、レントゲンも撮っていないし、血液検査もしていないっというのです。

このまま様子をって、切除どころか、一度もレントゲンも血液検査もせず、ただ、ただ、見ているのだろうか。
破裂して膿が飛び散って、管理が大変になったとき、この獣医師はどんな治療をする予定なのだろうか・・。

そして、今、その乳腺腫瘍は手のひらの大きさほどになっているのだそうです。

2センチのしこりだったら、悪性だったとしても、早期治療で良い結果が期待できる筈なのに。。。。
どうして、どんな病気なのか、治療が可能かどうかも確認もしないまま、様子をみましょうになってしまったのだろう。。

飼い主さんは、獣医師に「検査をしても変わらない」「様子をみましょう」と言われたら、疑問になんて感じられなかったのでしょう。。

もう少し早くに連絡をとってみたらよかった。。。
私にも、10年も付き合っている、大事な可愛い子なのに。。。
そんなに簡単にあきらめられるような命じゃないのに。。

手のひらの大きさ。。なんて大きくなってしまったのだろう。。

悔しいな。。
by phacelia | 2006-12-23 00:12 | 犬 病気のこと