ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
6回目で失敗
c0031288_09465065.jpg
集合写真。
シュシュ君、頑張ったねー。

クレートトレーニング。
お家の中では、ほぼ、おとなしくしています。
お客様や主人の帰宅で、吠えることもありますが、それも、るーちゃんや、お泊り犬が吠えてから、それに反応して吠えるのみです。
吠えたら、なかなか吠えやまずうるさい、るーちゃんと違って、すぐに鳴きやみます。

車の中でも、吠えることもなく、おとなしくクレートにいます。
車酔いも初めての時のみで、その後はありません。

そこで、他の犬がいたり、私が別の同居犬と練習している場所での、クレートの練習をはじめました。

最初は、お友達が一人のみで、比較的静かな状態のときにチャレンジしました。
思いのほか、おとなしく待機していて、私が他の子と黄色い声をあげたら、反応して、「ボクも~💗」と鳴きましたが、クレートを一度叩くだけで、大人しくなり、他の犬のトイレだしをしても鳴きませんでした。

その後、室内4回(2箇所)、外のランで1回、練習を重ねました。
特に、たくさんの犬と人が集まり、比較的狭い場所のときと、逆に広い屋外ランでの時は、不安だったのですが、合格点💗💗
私は、クレートから離れていることが多かったのですが、子犬にしてはびっくりの出来でした。
これは、大丈夫かもっと思い始めていました。

それが、、、、6回目にして、大逆転!!!💧💧💧
場所は、すでに経験済で、4回目の屋内施設
私の練習中にも鳴きましたが、これはクレートを叩けば鳴きやみました。
がっっっっっ!!!!!!
他の犬のトイレ出しをしていた時、悲鳴のような、ものすごーーい声で鳴き続けていたというのです。
はぁぁぁぁぁぁぁ。
ふぅぅぅぅぅぅぅぅ。
がっくし。
なんてこった。

カバーを夏用の薄手にしたのですが、これも初めてではありません。
原因はいくつか考えられることがあったのですが、一番の要因は、置き場所だったと思います。
最初にここならと思った場所が、その後に隣に来た子の動きの音に反応してしまうので、移したのですが、ガラスドアが広がりあまり良い場所がなく、別室に隔離してしまうのは、これまた、ストレスが強すぎる状況になってしまうので、出来ませんでした。

子犬の場合、5回の成功で学んだものと、1回の失敗で学んだものの、どちらに転ぶかは、まったく予測不能です。
ハイパーでワチャワチャしているシュシュにとっては、むしろ、「出せ」と騒ぐほうが自然体です💧

これから競技会シーズン、初お泊りもあります。
他の方に迷惑だけはかけないようにしなくては。。。
神様に頼みたい気分ですが、、、
神頼みをするような状況にしちゃだめですものね。
一日、一日を大事にしないといけません。
頑張らないと!!!!



by phacelia | 2018-04-06 10:16 | シュシュ