ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
しつけ教室
今日は、ぼのっちを連れて、しつけ教室に参加してきました。
ずっーーーと縁遠くしていたのに、前回と2週連続で行ったりして、ホント、気まぐれな飼い主を持つと犬は、ご苦労様なことです。

マスターハンドラーかんたらっと言って、その教室ではプロになるための最終のクラスらしいのですが、いつも、とっても簡単に感じます。(失礼をお許し下さい)
さぼっているクセに、指示された事柄に、「ふふん」って思える様な位の余裕があるんです。
指導されている方も、「ぼの君は、立ってで待てをさせることは、人や犬が近づいても、身体のどこを触れても、全然大丈夫なので、何か、じっとさせたいポジションはありますか??」なんて言うので、ドッグダンスのトリックの練習をしちゃったりして・・・。

それなのに・・・。
やっていることは、さほど変わらないのに、ドッグダンス教室では、音楽が流れているっというだけで、ダンスが苦手な私は、途端に、出来るかどうか不安になる。
音楽の流れる中、でもしていることは、ヒールで歩くだけのことでも、ぼのっちも、出来なくなる。

アジリティも同じ。
T先生の教室では、気持ちが楽で、失敗もするけれど、のびのびと練習が出来るのに、C子先生の教室は、何故か、緊張してしまって、やる前から、自信がなくなってしまう。
競技会なんて行っちゃったら、もう、そりゃ、あなたもびっくり。大変ったらありゃしない。

私って、どうして、こう、バック環境に左右されてしまうのだろう。。
私が左右されているから、犬も、大波小波、あっちに流れたり、こっちに流れたり、ホント、迷惑なことだと思う。
それでも、ふぁーちゃんは、年の功で、いつも平然としていて、良い意味でも、悪い意味でも、マイペースなので、たいしたものだと感心してしまう。
若いぼのっちは、素直に私の感情に流されてしまう。。

そういうときは、深呼吸してみても全然だめだし、気持ちを紛らわそうとすればするほど、ツボにはまってしまいます。

それもこれも、数こなしていくうちには、慣れていくものだろう。
そう思って、犬に我慢してもらって、なるべく、色んな場所に顔を出すようにしている。

ダンスに関しては、ちょっとは基礎を習わないと、どうにもダメかも、イヤ、かも、じゃなくて、ダメなんだけど、ダンス教室には、顔を出す気合が、中々出てこない。
ボーナスが出たら、行ってみようかなーーー。
ここに書くことで、気合が増すかと思ったけど・・・・
変わらないなー。。。。
困ったものです。。。

にほんブログ村 犬ブログへ
by phacelia | 2009-12-10 22:54 | 犬 行動・しつけ