ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
子守ぼのっち
c0031288_23233823.jpg


今日は、朝一でアジの練習をしました
アジの練習している場所は、途中、こんな風景が拡がります。
c0031288_23173610.jpg

近くに豚さんや牛もいて、今日は豚さんが乗ったトラックに進行を待たされてしまいました。

練習は、ふぁーのスラの練習を何回もさせてもらって良かったと思いました。
ぼのっちは、上手く言えないけれど、いまひとつの壁が乗り越えられない。。。

帰り道にある公園で少しオビの練習もしました。
そして夕方も、近くの公園でぼのっちだけ少し練習をしようと思いました。

・・・でも、どちらの公園でも、お子ちゃま達&人につかまってしまいました。
「お手」「すわれ」「伏せ」
などの連呼。
ぼのっちも、お子ちゃま達の指示にぱっぱと従ったりなんてしないので、より一層、合唱になります。
特に夕方の近くの公園では・・・。
最初お母さんが、
「触ってもいいですか。とお願いするのよ」
とちゃんと、お子ちゃま達に声をかけられて、きちんとした方だなーっと思ったの。

でも、ぼのっちに安心したのか、すぐに、少し離れたお子ちゃまから見えないところに行かれて、お母さん同士の長話を始めてしまって、ずっーーーーーーーと戻ってこないんです。

その間、
「コロ、お手」
「コロ、座れ」

いつのまにか、コロって名前にされているし。。。。

結局、練習にはならなかったのでした。

うーーーんんんん。
少しの時間でいいので、練習を重ねたかったのにな。

でも、オビより、子供達とのふれあいのほうが、ずっと家庭犬として大事な経験だよね。
オビは、動きが悪いからと、飼い主の気持ちで、コンをつめたりすると、却って悪循環したりもするから、これはこれで、良かったのかな・・・。

ゴールデンウィーク
しばらくの間は、練習する場所もなかなか難しいね。

にほんブログ村 犬ブログへ
by phacelia | 2008-04-28 23:39 | 犬 行動・しつけ
ぼのっちアジ練4/26


昨日のアジ練のコースはどれも、いつもより簡単なコースでした。

だども、ぼのっちのスピードがあがらない。。。
もっともっと先に行かせて、無駄のない誘導で、余裕を与えず・・・していけば、アジのスピードも集中も上がるのだそうです。

飼い主、もっとがんばれ!!

毎日、オビの練習もしています。

ふぁーちゃんは、いつも素直で、おやつがあればなおのこと、るんるんの笑顔でついてきます。
でも、いままでルーズにしていたので、ぴったりとかきちんととかが、苦手です。

ぼのっちは、よく視線があちこちに行っちゃいます。
そんなとき、リードで合図すると、「なんだよー。やってるじゃん」っと不愉快そうな顔をします。
側歩中の座れやフセも、時々、座れって言ったのにフセをしたりいい加減です。
しかも、パっとかっこよくしないで、どっこいしょってしたりします。

アジもテストも秋が瀬という魔の場所では、きっとまた、ぼのっちは、爆走するんだろうなー。。。。とほほのほ。

でも、秋が瀬の雰囲気に慣れて、わーい楽しいどっひゃーひゃーにならないためにも、秋が瀬に参加して、慣らしていくしかないんですよね。。。
先生は、「はじめの内は、みんなそうなんだから」と言いますが、
ぼのっちは、はじめの内でもなかったりする気がしないでもないし。。。
はじめのうちは比較的まじめにこなしてたけど、途中から、遊ぶことに決めだしたみたいで。。。

爆走するんだろうなーっと思いつつ、練習したり参加したりするのは、
気が重いよーー。
でも、いつかきっと、多分きっと、この日々の積み重ねが意味をもってくれるんだと思うので、耐えないと・・・。
ぼのっち、なんとか、少しでも早く、軌道修正して~~!!!!!
お母さんの心臓、毛は生えているかもしれないけど、針金は生えてないからねー。

にほんブログ村 犬ブログへ
by phacelia | 2008-04-27 23:28 | 犬 行動・しつけ
ふぁーたんメタボ対策アジ??


ふぁーちゃんは、ぼのっちよりも、ずっと遅れて教室に参加したので、初級クラスだったのですが、昨日から、中級クラスになりました♪
ぼのっちも中級なので、同じ時間に2頭は、ちょっと大変でした。

ぼのっちは、先に行かせてスピードをあげないとで、ふぁーは私が先に走ってスピードをあげないといけないんだそうです。

不器用な私は、そうそう臨機応変してできません。。ぐすん。

ふぁーちゃんは、のんびりのお嬢様アジ。
私も、ぼのよりも、声も動きものんびりしちゃいます。。

先生曰く、私が慎重になるから、ますますスピードダウンするんだそうです。

ううぅぅ。悪循環ってやつですね。

まだスラロームの入り口が安定していないのと、途中で抜けちゃったりもします。

最後の誘導は私ってば間違えて違うバーを飛ばすところでした。

先は長いね。ふぁーちゃん。

他の教室のM先生には、
「ふぁーちゃんのアジはメタボ対策だものね。」
なんていわれてしまいました。。。。
が~~~ん!!!!!!!!
確かに・・・・。
お腹がちょっとたるんでるし。。。
否定はできないけどさ。
でも、飼い主の私が言うのはありでも、先生が言うなんて。。。
あんまりだーーー。

ふぁーちゃん、ふぁいとだどーーー。

にほんブログ村 犬ブログへ
by phacelia | 2008-04-27 23:03 | 犬 行動・しつけ
ぼのアジ練 送り出し
c0031288_12512533.jpg

このワン服、生地がとっても可愛くて、最近作った中でもお気に入りです。(*^_^*)
生地が少し余っているのですが、たくさん着たいので、汚れたら又同じ生地で作ろうかなって思っています。

昨日は、ぼのっちのアジ練でした。
今日はこんな雨模様なのに、昨日はとっても暑くて。。。
ぼのっちは、いつもよりスピードが遅く、集中力も甘くなっていました。

昨日練習した一つは送り出しです。
先にある障害を送り出して飛ばして、自分は、その先のそれまた先まで、ショートカットで進むのです。

そのことによってスピードが速くなるし、人の動きも最小限で無駄なく、スムーズに走らせることもできます。

そのためには、送り出した障害を飛ぶのを確認していては間に合いません。
「目の前の障害は飛ぶのが基本で当たり前」という、認識をぼのに持たせて、自分は先に行くのです。

でも、昨日の暑さでだれているぼのっちが、ちゃんと前の障害に行くのかは、とっても心配になってしまいます。
なので、ついつい、ぼのが飛ぶのを見てしまいます。

そうやって見たりしているから、ぼののスピードは落ちるし、集中力も伸びない。
飼い主の横を併走していては、飼い主のスピードでしか走れません。

そう、先生に注意を受け、もっともだーって思いながら、それが不安でならない。

やる気まんまんのスピード感のあるぼのの時には、自分も大胆に走れる。
でも、そうでないときのぼのっちを、いかにもっていくかが、腕っていうものですよね。。。

まだまだ難しい試練なのでした。

にほんブログ村 犬ブログへ
by phacelia | 2008-04-24 13:06 | 犬 行動・しつけ
フィラリア予防薬(ジェネリック)について
c0031288_234281.jpg


ぼのっちは甘えん坊です。。。。サンク姉さんのそばは安心なのね。

さてフィラリア予防薬は、ジェネリック製品が出ているのをご存知でいらっしゃいますか。

一昨年、シェアトップのイベルメクチンのチュアブル剤と同一成分の商品が相次いで承認を受け、現在の市場では、フィラリア予防薬は、全体では14剤も出ています。

既に市場の約2割がジェネリックに置き換わっているといわれていて、今後も、ジェネリックの拡大が予想されています。

そのため、大きな価格競争が起きています。
動物病院では、各製薬会社の価格条件によって薬剤を決定されているところも少なくないとお聞きしました。

最近、人医療では、ジェネリック薬品について、テレビのコマーシャルでも、しょっちゅう流しています。
どのメーカーのお薬を選ぶのか、その選択について、患者さんにゆだねられているのだということを紹介しています。

獣医療ではどうなのでしょうか。
全て動物病院にゆだねられていて、薬剤の選択も価格の選択も私達飼い主の選択ではないように思います。
安心を第一に考えられる獣医師も、価格を重視される獣医師もいらっしゃるかもしれません。

ジェネリックの指定ができる病院があるのでしょうか。
その前に、ジェネリックが出ていることを飼い主さんに知らせている病院はどの位あるのでしょうか。
価格競争で、仕入れ値に変更があっても、私達飼い主への予防薬の価格は変化しているのでしょうか。

私の掛かりつけの動物病院の先生は、フィラリアの予防薬は仕入れ値はだいぶ下がったとおっしゃっていました。でも、飼い主への価格は申し訳ないですが、例年と同額にしていますっとおっしゃっていました。

人医療と獣医療では一緒ではないですし、フィラリア予防薬は安定した大きな商品でしょうし、価格の設定も自由なのですし、不満を言うべきことではないと思います。
お聞きしたことに対し、誠実に答えてくださった先生に、感謝しています。

ただ、私達は知らないことが多いのだなーっと思います。
知ろうとしなければ、ますます知らないことだらけになってしまいます。
ジェネリックに限らず、フィラリアの予防薬に種類があることも知らない方もいらっしゃいました。
それは、病気の治療や予防のことについても同じだと思うのです。

飼い主として、自分の愛犬・猫に対し、必要な情報はネットワークを作って入手し、正しく理解できるようになりたいなっと思います。

2007年現在のフィラリア予防薬

★チュアブル
カルドメックチュアブルP(ZENOAQ)
イベルメクチンPI(フジタ製薬/大日本住友製薬)
パナメクチンチュアブルP(明治製薬)
トライハートチュアブル錠(ノバルティス)
エコハートチュアブル(エコファーマ)
★錠剤
ミルベマイシンA錠(ノバルティス)
モキシデック錠(共立製薬)
カルドメック錠(ZENOAQ)
パナメクチン錠(明治製薬)
ハートメクチン錠(あすか製薬)
アザバスカ錠(日新製薬)
★顆粒剤
ミルベマイシンA顆粒(ノバルティス)
★注射剤
注射用モキシデクSR(共立製薬)
★スポット剤
アドバンテージハート(バイエル)

にほんブログ村 犬ブログへ
by phacelia | 2008-04-24 03:16 | 犬 まじめに・・
綺麗だなー
c0031288_1293723.jpg

c0031288_1295436.jpg

c0031288_1301242.jpg

c0031288_1302961.jpg

c0031288_130431.jpg

c0031288_130568.jpg


1月のオプディスのときに、ロクちゃんのお母さんが撮影してくださったものです。
一枚、一枚に躍動感があって、瞬間瞬間にきちんとピントがあって・・・。
すごいなー。綺麗だなー。
大事な宝物です。
撮影者の腕なのでしょうが、一眼レフ欲しいなーーー。

にほんブログ村 犬ブログへ
by phacelia | 2008-04-24 01:32 | いぬばかでれでれ
花見
c0031288_731860.jpg

c0031288_734542.jpg

c0031288_74294.jpg

c0031288_74304.jpg

c0031288_745969.jpg


いまさらですが・・・。
桜の花は、やっぱり、大切な節目なので、アップしました。
階段の上にみんなを並ばせての桜の写真は、毎年、同じ構図で撮っています。
くま子や、くっくがそこにいた時が、昨日のようです。。
少しだけ首を伸ばして、こちらを見ているくっくが、そこにいます。
優しい顔のくま子がいます。
毎年、桜の季節になると、1年の健康を感謝し、来年も一緒に撮れますようにと、祈ります。

にほんブログ村 犬ブログへ
by phacelia | 2008-04-22 07:07 | いぬばかでれでれ
もう、びっーーくり!!!!!
c0031288_19294731.jpg


この、まか不思議な画像・・・
なんだか、わかりますか????

ぼのっちです。

ぼのっち、拾い食いの練習中。。
最近は、私がいれば、たとえ寝ていても、食べ物をあさったりしなくなったのですが、
いなければ、危険!!!!
この時に~っとばかりに、やらかします。。

車の中では、後ろから前に来ることも禁止しているので、
「Noだよ。待てだからね。」
で、少しずつ、出来るときも、たまーにあったりするようになったのだけど。。。

助手席に、パン。
「Noだからね。」

コンビニに行って、5分後。

助手席にパンはなし。

「あ~ぁ、やられた。」

っと思って後ろを見たら、

画像のぼのっちがいたのです。

元々、ふぁーちゃんはそんなことしないので、犯人はわかっていたのですが・・。

すっぽりはまって、
ぼのっちの息で水蒸気で白くなったビニル袋。

もう、叱るところじゃありません。
吹き出すのも、我慢できません。。。

必死で笑いを隠して、ビニルを外して、

・・・・・

でも、これは記念写真が必要なのではっと思って、
もう一度かぶせて、撮りました。

練習で、5分やってみようで、よかったです。
もっと長くしていたら、危なかった。。。。

ぼのっちは、いろいろやらかします。

にほんブログ村 犬ブログへ
by phacelia | 2008-04-21 19:41 | いぬばかでれでれ
アジリティ

動画をアップできることを知ったので、試しに・・・。

ぼのっちは、まだまだよくわからない子です。
練習では難しいコースもこなしてくれるようになりました。
でも、大会では、一つのバーを跳ぶこともなく、大爆走して、おしまいだったりします。

ずっと外に出していて慣らしておいたり、少し疲れさせておいたらどうかなーっと思っても・・・わくわくるんるんをリードで我慢していたのが、一気に爆発して爆走して。。。

ケージに入れて、なるべく刺激に触れず、気持ちがあっちこっちに行かないようにして、順番に・・・としてみても、、周りに拡がった楽しさに、これまた一気に目も心も奪われて爆走して・・・・。

結局、だめだったりします。。

オビも、普段の練習では、周りが動いてもステイしていられたり、ノーリードでヒール歩行も歩行中のステイも出来たりするのに、この普段に、何か一つ増えると、急に、猛スピードで一直線になったり、悲鳴をあげたり。。。

この一つが難しいのです。
ほかの子達がいて、広い公園で、、、でも、しつけ教室なら、その雰囲気?で、おりこうさんを全うしようとします。

一つ、何かのスイッチ。

これが入ると、私の指示は届きません。

このコントロールを、もっともっとトレーニングしたり、慣らしていかなくてはいけません。。。ぐすん。。。

問題はたくさんあるのだけれど、

★1番は、まだお子ちゃまなの。。。
大会のたくさんの犬、たくさんの人、広い場所に、わくわくるんるんがいっぱいになってしまいます。
それがリードをついている状態では、リードがあるから・・っと、ナリを潜めて、普通にしているように装っているのですが、リードが外れたとたんに、どこかが、「プチン」って音がするみたいです。

★アジリティへの集中がいまいちです。。。
嫌いでは決してないのですが、ボーダーみたいに、わくわく身震いしたり、いつまでもしていたいような意欲や、つい先に行きたがる意識がありません。
アジリティへの意識が強ければ、ハイになったときにも、コースを間違って失格はあっても、他への関心は薄くなるのですが・・。

彼の興奮を抑えつつ、アジへの高揚心は高めていかないと。。。。

にほんブログ村 犬ブログへ
by phacelia | 2008-04-21 19:22 | いぬばかでれでれ