ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
<終了>A・コッカのロビン君への供血のお願い
c0031288_034295.jpg


□■<都内新宿区>A・コッカのロビン君への供血のお願い■□

下記、おかげさまで、終了しております。
ロビンちゃんは、供血をして頂いた後、治療を続けられ、現在大変安定されているそうです。
本当にありがとうございました。

免疫介在性溶血性貧血の治療をしております。
ステロイドと免疫抑制剤で加療中ですが、貧血が進み、11月16日に供血していただきました。
おかげさまで、容態は、口腔内は未だ少し白っぽいですが、赤血球数及びPCVが正常値に近づいて来ており、暫く様子を見でいくこととなりました。。
ただ予断を許せないので、いつ何時、輸血が必要になるかわからないそうです。
このような状況ですので、、皆様にお力添えを賜りたくお願い申し上げます。

どうか心よりお願い申し上げます。 

ドナーが見つかることを願っております。
皆様のお力添えを心からお願い致します。

犬の名前:ロビン君(アメリカンコッカースパニエル 牡6歳)

通院している病院:都内新宿区の病院です。

供血の対象は、20kg程度以上の7才位までの健康なワンちゃんです。
ご協力頂ける方は、クロスマッチテストが必要なため、病院に来て頂く必要があります。

お問い合わせの際は、
件名に、「ロビン君への供血の件」とご明記の上、サイト上のメールフォームにてお知らせくださいませ。
どうか、多くの方が、お力になって頂けますよう、お願い致します
by phacelia | 2007-11-23 00:04 | 犬 病気のこと
<終了>シェルティのまりいちゃんへの供血のお願い
c0031288_334364.jpg


□■<都内世田谷区>シェルティのまりいちゃんへの供血のお願い■□

下記、お願いは終了しております。
皆様のたくさんのお力添え、本当にありがとうございました。

<終了>

供血の方ですが、3頭のわんちゃんから供血を頂いて輸血をさせて頂くことが出来ました。
皆様のお陰で、まりいの命が救われました。
心より感謝申し上げます。
供血に来てくださいました方々並びに愛しいワンちゃんたちにも感謝の気持ちで一杯です・・・本当に有難う御座います。

まりいの現状は、今後も依然血液が、どうして作られないのか、原因は様々あるにしても
特定ができない状態で、日々様々なお注射や飲み薬で治療を続けるという状態です。
輸血をして頂いたものも、血液の種類によりそれぞれ寿命がある為、自力で血液が増やせる様になるまでは、現在の検査数値結果が下がってしまうと、またすぐに輸血が必要な状態です・・・

ですが、血液検査で新たに自分の体で血液を作る元となる核があることがわかりました。
それが何かの原因で抑制されている様なので、明日から自己免疫疾患を疑った治療を開始することとなりまして引き続き1週間に1日おきのお注射の通院もすることになっています。

その免疫抑制剤の効果が出るのが約1ヶ月後ということだそうでして、なんとかその効果が出るまでの間、引き続き輸血が必要な状態です。
まりいはお薬の副作用と頑張って戦っていまして、本当に屈することなく毎日頑張っています。
まだまだ若いのに、寝てばかりなのに、病院では家族を呼び、ワンワンと力強く吠え頑張る時もありますので、早く回復させてまた沢山遊ばせてあげたいです。

どうか助けて頂きたいです。どうか新しい治療の効果が出るまで、どうかどうか供血の方をお願い致します。
この様な状況となっておりますが、どうか引き続きお願い出来れば幸いでございます。

本当にお願いばかりで申し訳御座いません・・
どうか宜しくお願い致します。

(2007.10.27)

10月上旬に、目の治療の際に受けた血液検査の数値が、どれもかなり低く、かかりつけ医様に紹介され大学病院へ行きまして調べた結果が、骨髄線維症という大変な難病でした。
原因不明で、血液の元を造る細胞がほとんど見当たりませんでした。
白血球、赤血球、全ての数値が下がり、血小板もありません。
200CC以上の輸血が数日から1週間ごとに必要です。
今までの治療は、ステロイドです。
それと昨日から、赤血球、白血球を刺激して増やせるかどうかという方法を始めましたが、副作用に 自己免疫を作る可能性もある人間の薬を使います、それも上限が長くても2週間しかありませんが場合によっては使用するそうです。
本当は薬の利用は、1週間が上限ですが.そんなことを言ってられる場合ではなく緊急です。
薬の効果が出るまで輸血を頼りとしています。
大変深刻な状態です。
9月におなかの大きな腫瘍をとって、元気になったばかりでやまだまだやんちゃ盛りなのに、本人の心を思うと不憫でなりません。

ワラをもすがる思いで、助けたいです、本当に助けていただきたいです。
どうか心より皆様お願い申し上げます。 

今すぐ血液が必要な状態です。
よろしくお願いいたします。

一刻も早く、ドナーが見つかることを願っております。
皆様のお力添えを心からお願い致します。

犬の名前:まりいちゃん(シェルティ・牝7歳)

通院している病院:都内世田谷区の病院です。

供血の対象は、20kg程度以上の7才位までの健康なワンちゃんです。
ご協力頂ける方は、クロスマッチテストが必要なため、病院に来て頂く必要があります。

お問い合わせの際は、
件名に、「まりいちゃんへの供血の件」とご明記の上、サイト上のメールフォームにてお知らせくださいませ。
どうか、多くの方が、お力になって頂けますよう、お願い致します
by phacelia | 2007-11-21 13:39 | 犬 病気のこと
<終了>GRのばせりちゃんへの供血のお願い
c0031288_7191197.jpg


パセリちゃんは、昨晩、天国へと旅立ちました。
供血のお申し出を頂き、パセリちゃんもご家族も安心した矢先でした。
ですが、ご家族の方は、パセリちゃんに、「輸血して頂けることになってよかったね。」と安堵の笑顔をかけることができたこと、大変に感謝されていらっしゃいました。
パセリちゃんも、朝は手作りのパンを食べることもできて、ご家族に囲まれての安らかな最期だったそうです。
お力添えくださった皆様、本当にありがとうございました。

(2007.11.21)

<以下終了しております>

□■<千葉県船橋市内>GRのばせりちゃんへの供血のお願い■□

自己免疫性溶血性貧血により、緊急に輸血が必要です。

今年の4月末に腫瘍が見つかり脾臓摘出。悪性の血管肉腫と判明。
その際は、他への転移は見つかりませんでした。
11月4日(日)急に倒れ、検査。自己免疫性溶血性貧血と診断。
原因は、肝臓への転移が考えらるが、はっきりとは分からなく、現在の体力では手術が出来ない状態です。
輸血しないとこのままでは生死に関わるとのことです。

※供血へご協力頂ける方は、ご自宅~病院の送り迎えは当方で致します。

どうか助けていただきたく、心より皆様お願い申し上げます。 

一刻も早く、ドナーが見つかることを願っております。
皆様のお力添えを心からお願い致します。

犬の名前:ばせりちゃん(GR・牝11歳)

通院している病院:千葉県船橋市内の病院です。

供血の対象は、20kg程度以上の7才位までの健康なワンちゃんです。
ご協力頂ける方は、クロスマッチテストが必要なため、病院に来て頂く必要があります。

お問い合わせの際は、
件名に、「ぱせりちゃんへの供血の件」とご明記の上、サイト上のメールフォームにてお知らせくださいませ。
どうか、多くの方が、お力になって頂けますよう、お願い致します
by phacelia | 2007-11-18 07:24 | 犬 病気のこと
<中断>GRのチェリーちゃんへの供血のお願い
c0031288_438403.jpg


□■<中断>GRのチェリーちゃんへの供血のお願い■□

沢山の励ましのお言葉をいただき、本当にありがとうございます。

おかげさまでチェリーは血小板の数値が回復し、DIC(血液凝固異常)が改善されました。
抗ガン剤が効いたことでDICが改善したと考えられます。
またDICが改善したことで抗ガン剤の効き目が上がることも期待され、少しですが希望の光が見えてまいりました。

しかし突然容態が悪化する可能性もありますので、また供血のお願いをするかもしれません。
その時には皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。

ご協力くださったワンちゃんと飼い主さま
メッセージをくださった皆さま
本当にありがとうございました。

<以下、中断しております>

悪性リンパ腫発生からもうすぐ3年になり、完全寛解までいったのですが、今年の6月に再々発して再度同じプロトコルを行いました。しかし薬の反応が思わしくなく、10月に入ってからガン専門のドクターに治療方針を相談することを含め検査していただいたのですが、その検査でDICであることがわかりました。
血液凝固異常が改善されるまで、最低限一週間に一度のペースで輸血が必要な状態です。
ドクターの休みの関係で金曜・土曜は除き、できることならば日曜日にするのが希望です。

今すぐ血液が必要な状態です。
よろしくお願いいたします。

一刻も早く、ドナーが見つかることを願っております。
皆様のお力添えを心からお願い致します。

犬の名前:チェリーちゃん(GR・牝6歳)

通院している病院:埼玉県深谷市の病院です。

供血の対象は、20kg程度以上の7才位までの健康なワンちゃんです。
ご協力頂ける方は、クロスマッチテストが必要なため、病院に来て頂く必要があります。

お問い合わせの際は、
件名に、「チェリーちゃんへの供血の件」とご明記の上、サイト上のメールフォームにてお知らせくださいませ。
どうか、多くの方が、お力になって頂けますよう、お願い致します
by phacelia | 2007-11-17 07:50 | 犬 病気のこと
*終了*マルチーズのシュウ君への供血のお願い
c0031288_16502987.jpg


シュウ君は、昨晩、息をひきとられました。
シュウ君のご冥福を心よりお祈りいたします。
ご心配くださった皆様、本当にありがとうございました。

□■<埼玉・蕨市>マルチーズのシュウくんへの供血のお願い■□

免疫介在性溶血性貧血(非再生性)により、状態が深刻で、いますぐにでも輸血が必要な状態です。
血液の適合も難しいことが考えられる状態です。
小型犬ですので、一度に必要な供血量はわずかです。
どうか、お力になって頂けたらと思います。
よろしくお願いいたします。

一刻も早く、ドナーが見つかることを願っております。
皆様のお力添えを心からお願い致します。

犬の名前:シュウ君(マルチーズ・牝4歳)

通院している病院:埼玉県蕨市内の病院です。

供血の対象は、10kg程度以上の7才位までの健康なワンちゃんです。
ご協力頂ける方は、クロスマッチテストが必要なため、病院に来て頂く必要があります。

お問い合わせの際は、
件名に、「シュウ君への供血の件」とご明記の上、サイト上のメールフォームにてお知らせくださいませ。
どうか、多くの方が、お力になって頂けますよう、お願い致します
by phacelia | 2007-11-16 16:57 | 犬 病気のこと