ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
★緊急な供血のお願い!!<埼玉・鳩ヶ谷市>猫のぐぅちゃん
c0031288_23553094.jpg

□■供血のお願い■□

猫のぐぅちゃんが、緊急に供血を必要としています!!
どうか、ご協力をお願い致します。

猫の名前:ぐぅちゃん(日本猫7~8歳)
入院先の病院:埼玉県鳩ヶ谷市内の病院です。

状   態:腎不全により、輸血が必要です。
腎臓は問題なく回復してはいるのですが、どうも血液の数値が下がっているという状態で、緊急に輸血を必要としています。
供血のご協力をよろしくお願いします。
供血の対象は、4kg程度以上の健康な猫ちゃんです
どうか、多くの方が、お力になって頂けますよう、お願い致します。
飼い主さまがブログを立ち上げられています。


ご協力頂ける方は、クロスマッチテストが必要なため、病院に来て頂く必要があります。

お問い合わせの際は、
件名に、「ぐぅちゃんへの供血の件」とご明記の上、サイト上のメールフォームにてお知らせくださいませ。
どうか、宜しくお願い申し上げます。

(2006.7.31)
by phacelia | 2006-07-31 23:56 | ねこ まじめに・・
★終了★<都内渋谷区>レン君(シェルティ)への供血のお願い
c0031288_2164599.jpg


★供血のお願い終了のお知らせ★

皆様のお力添えで、輸血を頂き、おかげさまで、日に日にレンちゃんは、回復傾向にあるそうです。
本日、御家族のたってのご希望で、急遽、退院が決まったそうです。
まだ、心配な点はあるそうですが、ご自宅でケアをなさるそうです。
本当にありがとうございました。
心からお礼申しあげます。

(2006.8.1)

レン君は、DICを起こしているそうです。
DICは、広範囲の出血を起こす、大変危険な状態です。
緊急に、輸血を必要としています。
どうか、どうか、宜しくお願い致します。

犬の名前:レンくん(シェルティ14歳)
入院先の病院:東京都渋谷区内の病院です。

状   態:突然の内出血により緊急入院しております。
PCV(血球容積)の数値がかなり低く、血小板の数も普通の犬の10分の1とかなり低いため、緊急に輸血を必要としています。

供血の対象は、最低20kg程度以上の健康なワンちゃんです。
ご協力頂ける方は、クロスマッチテストが必要なため、緊急に病院に来て頂く必要があります。

どうか、多くの方が、お力になって頂けますよう、お願い致します。

お問い合わせの際は、
件名に、「レンくんへの供血の件」とご明記の上、サイト上のメールフォームにてお知らせくださいませ。
どうか、宜しくお願い申し上げます。
by phacelia | 2006-07-27 17:41 | 犬 病気のこと
<終了>武蔵野市mix犬タロウくんへの供血のお願い
□■MIX犬の、タロウくんへの緊急な供血のお願い■□

犬の名前:タロウくん(MIX 12歳10ヶ月)
入院先の病院:日本獣医生命科学大学付属動物医療センター(東京都武蔵野市)です。

状   態:肝臓腫瘍、腸管穿孔などにより、緊急入院しています。
細菌性腹膜炎を起こしており、循環機能が低下しており、大変危険な状態で、すぐに輸血が必要です。
マッチングが難しい状況にありますので、なるべく多くの方からのお申し出を必要としております。
どうか、宜しくお願い致します。

供血の対象は、最低20kg程度以上の健康なワンちゃんです。
ご協力頂ける方は、クロスマッチテストが必要なため、緊急に大学病院に来て頂く必要があります。

どうか、多くの方が、お力になって頂けますよう、お願い致します。

お問い合わせの際は、
件名に、「タロウくんへの供血の件」とご明記の上、サイト上のメールフォームにてお知らせくださいませ。
どうか、宜しくお願い申し上げます。
by phacelia | 2006-07-19 22:49 | 犬 まじめに・・
緊急!!埼玉県蕨市MIX犬のとどちゃんに供血のお願い
□■MIX犬の、とどちゃんへの緊急な供血のお願い■□

DIC(播種性血管内凝固症候群)になり、緊急入院しています。
皆様のお力添えで、今まで、複数の供血を頂き、輸血をして参りましたが、骨髄の検査等を行う必要があり、緊急に輸血が必要となっております。
最低20kg程度以上の健康な子を希望しております。

病院で、輸血可能かどうかの詳しい血液検査があります。
どうか、宜しくお願い致します。

犬の名前:とどちゃん18歳(MIX)
入院先の病院:埼玉県蕨市内の病院です。

供血のご協力をよろしくお願いします。
ご協力頂ける方は、緊急に病院に来て頂く必要があります。

お問い合わせの際は、
件名に、「とどちゃんへの供血の件」とご明記の上、サイト上のメールフォームにてお知らせくださいませ。
どうか、宜しくお願い申し上げます。
by phacelia | 2006-07-18 09:29 | 犬 まじめに・・
共感
c0031288_12555066.jpg

BioToday.com 内に、「マウスも共感する」という、下記記事があります。

マウスも共感する  2006-07-02

他人の痛みを感じて共感できるのは人間だけに備わった高度な心の動きと考えられてきましたが、マウスにも親しい仲間の痛みを共感できる能力があると示唆されました。

2006年マウス6月29日のScience誌に発表された研究成果から、親しい仲間のマウスが痛くされていた場合、それを見ていたマウスは痛みにより敏感になると分かりました。

また、この作用は親しい仲同士のマウスの間に生まれ、遺伝的な繋がりは不要と分かりました。

この作用はストレス、模倣、条件付け等の現象では容易に説明できず、いわゆる共感であると考えられました。


つい最近まで、動物に対し、自身の痛みですらあるとかないとか話題にあがり、動物への疼痛管理に対し、意識が芽生えてきたのは、昨今のことです。

でも、小さなマウス達は自分の痛みだけでなく、仲間の痛みも感じ共感しているのです。

動物の痛みに対し、人はもっともっと正しく理解し、優しく対応できなければいけないと思いました。
そして、繊細な感情を持ち合わせている動物に対し、人との違いを、上から見下ろす立場で利用したり、考えたりしてはいけないと、感じました。

「たかが犬」とか、「犬畜生だから」など、相手の感情を無視した言葉があり、使われる気持ちがあることは、人の驕りで、多少でも、そういった気持ちが根底のあるのであれば、心からの絆、動物とのコミュニケーションは、決してできないと思います。

「sympathy」 聞く、感じる、理解を得るまえに理解しようとする・・・このことは、全ての動物に対し、生活、学習、医療の中心で根底にあるべきことのように感じました。
小さなマウスが教えてくれたことを大事にしたいと思いました。
by phacelia | 2006-07-14 12:33 | 犬 まじめに・・
「Saying Goodbye Dr.ゆう子の動物診療所」を読んで
c0031288_12541850.jpg

私は、くま子とくっくという大切な2頭の犬を、血管肉腫という同じがんで亡くしました。
この子達のがんから、がんになった時、飼い主同士で語り合える場があったらという思いで、MLなどネットでの活動をはじめました。
残念なことですが、天国に旅立たれたお知らせを受けることも多く、それぞれの最期をお聞きする度にたくさんのことを感じます。

逝き方というのは、まさに生き方なのではないでしょうか。
そして、それは、犬猫の場合、飼い主の思いなのだと思うのです。

停留睾丸の子で、がんになり、再生不良の極度の貧血で、供血のお願いを頂いたこともございます。
善意の方にご協力頂いて、輸血ができても、予後は厳しくて、悲しいお知らせを頂くことになりました。
もし、早くに去勢をしてあげていたら・・・そう思うと、まだ若いのに天国に渡ったその子に複雑な気持ちになります。

私は、乳がん、精巣腫瘍など、避妊去勢をして、予防してあげられる病気は、予防するべきと思っています。
避妊去勢は、色んな面で、大切だと感じていますが、避妊去勢をされないのも、それぞれの飼い主さんのご判断だとも、考えています。
ですが、避妊去勢をしないことを選択したのなら、その選択に対し、自己責任があるのですから、
「去勢していないから、雄犬にはケンカをしちゃうの。」
「マウンティングは、雄犬は仕方ないのよ」
なんて、言い訳にはしてはいけないと思うし、まして、避けられた病気に対しては、きちんと管理してあげるべきだと思うのです。
避けられるべき病気で、命を落としたり、まして、第三者の犬に供血のお願いをされるのは、自己責任の中での管理をされているのか、正直、お手伝いをさせて頂きながらも、もやもやとしてしまうものが少しあるのです。

しつけに関して御相談を受けたある子は、飼い主が触ることもできず、フィラリアの検査やワクチンの時は、毛布を2枚持参して、体中を覆い押さえこんでするそうです。
その子は、とても怖がりで神経質な子で、飼い主はその子が寝ている姿も、食餌をしている姿も見たことがないそうです。
誰かがいたり、何か物音があると、ピリピリって緊張して、寝れないし、食べれないのです。
そんな子ですから、何かあっても、検査もできないし、入院もできません。
その子の獣医師は、私に、
「あの子は、今の生活を変えたり、獣医師の治療を受けたりすることを選ばず、今のままで、何かあっても、病院に行くこともなく最期まで過ごしたほうが幸せだと思う」
と言われました。
とても悲しい選択ですが、それも一つの選択であるように思いました。

病気の治療の選択に、
「この子は病院が嫌いで、とてもストレスがかかるから、入院がかわいそうでできない。」
と、おっしゃる方もいました。
私も、くっくが長期入院したときには、犬に囲まれ、吠え声がする中にいることのストレスをとても心配しました。

日々困っていること、ケアやトレーニングが不足している部分は、日々だけではなく、命、その子の最期の選択にも、大きく関わってしまうのを、ひしひしと感じるのです。

また、がんの治療は、何が正しいなんてありません。
治療をするのかしないのか。
外科手術をするのか、抗がん剤治療をするのか、抗がん剤は何を選択するのか、どの病院を選ぶのか。
まさに、飼い主さんが、その子を思う気持ちや、その子との生き方が、治療の選択になります。

そして、がんは特別に訪れるものではなく、それは突然宣告を受けます。
蚊に刺されたような小さなおできが、がんであったり、少し元気がないなって思ったら内臓にがんがあったりします。
くま子達の血管肉腫は、症状もなく、普通にしていた子が、いきなり脾臓からの大出血で生死をさまよいます。
ですから、普段から、そういったことも考えて、きちんと対応できる病院を選んであげていないと、その時、大変に困ってしまうことにもなってしまったり、ご自身の望む治療の選択ができなかったりもします。

どの子もみんな、飼い主のその子への意識や愛情や考え方が、そのまま、その子の生きかたになって、最期まで決めているのを、いつも真摯に感じ、我が身のこととして考えさせられます。

西山先生の本にも、様々な子が様々な姿で、懸命に生きていました。
そして、どの子もその生き方には、飼い主の人生と重なっているのでした。

どの方にも、今、読んで、大事にして頂きたい一冊と思いました。
元気な子、若い子の飼い主さんにも、読んで欲しいと思いました。
by phacelia | 2006-07-14 12:08 | 犬 まじめに・・
はじめまして
c0031288_2325518.jpg

ぼのっといいます。
ご紹介が遅れてしまいましたが、こんなんが、新家族になっております。
ちっこたらしで、がさつ者で、甘ったれで、オーバーアクションの、おもしろい子です。

友達に、里親募集をしているたくさんの子から、どうして、ぼのを選んだのか聞かれました。
どうしてなのでしょうか。。。
わからないです。でも、家族になるべく子だったんだと思います。

2月14日を誕生日にしました。
5ヶ月になるぼのは、最近歯が抜けてきました。
ふふふ。大人になってきているぼのです。
これから、どんな子になっていくことでしょう。。

皆様、暖かく見守って下さいませ。よろしくね。(#^.^#)

c0031288_23353426.jpg


ふぁーたんは、まいぺーすアジリティを楽しんでいます。
早朝に練習をしています。
深夜になると元気になる私は、健全な一日がなかなかしんどいですが、朝の空気は気持ちがいいです。
by phacelia | 2006-07-13 23:42 | いぬばかでれでれ
緊急!!埼玉県蕨市MIX犬のとどちゃんに供血のお願い
□■MIX犬の、とどちゃんへの緊急な供血のお願い■□

DIC(播種性血管内凝固症候群)になり、緊急入院しています。
輸血をしなければ、危険な状態です。
最低10kg程度以上の健康な子を希望しております。
病院で、輸血可能かどうかの詳しい血液検査があります。
どうか、宜しくお願い致します。

犬の名前:とどちゃん18歳(MIX)
入院先の病院:埼玉県蕨市内の病院です。

供血のご協力をよろしくお願いします。
ご協力頂ける方は、緊急に病院に来て頂く必要があります。

お問い合わせの際は、
件名に、「とどちゃんへの供血の件」とご明記の上、サイト上のメールフォームにてお知らせくださいませ。
どうか、宜しくお願い申し上げます。
by phacelia | 2006-07-06 21:46 | 犬 病気のこと
緊急!!府中市 シーズーのシャネルちゃんに供血のお願い
c0031288_1938244.jpg

□■シーズーの、シャネルちゃんへの緊急な供血のお願い■□

極度の貧血状況です。
病気についての詳しいことは、7月6日に大学に予約を入れてあり、検査をしなければわかりませんが、それまでの間も、輸血をしなければ、危険な状態です。
血液型はDEA1.1+
病院で、輸血可能かどうかの詳しい血液検査があります。

今すぐに、輸血が必要です。宜しくお願い致します。

犬の名前:シャネルちゃん7歳(シーズー)
入院先の病院:東京都府中市内の病院です。

供血のご協力をよろしくお願いします。
ご協力頂ける方は、緊急に病院に来て頂く必要があります。

お問い合わせの際は、
件名に、「シャネルちゃんへの供血の件」とご明記の上、サイト上のメールフォームにてお知らせくださいませ。
どうか、宜しくお願い申し上げます。




~お知らせ~

ぷりんちゃんは、7月1日、猫のルーン君は先月、天国へ旅立ちました。
たくさんの方からお申し出を頂き、心から感謝しております。
皆様、本当にありがとうございました
by phacelia | 2006-07-02 19:38 | 犬 まじめに・・