ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2005年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧
ガン治療の選択の難しさ
c0031288_10481642.jpg

(Jude the Obscure )

今日は、秋風の中の、しつけ教室でした。
若い明るい子達の笑顔が溢れていたのに、撮影する時間がなくって残念です。

教室の後、友人と、昨日亡くなった子にご挨拶に行きました。
数回しかお会いしたことはなかったのですが、抗がん剤治療をしながらも、とっても元気にしていて、ふわもこの美人さんで、高いところにもピョンって身軽に飛び乗るし、プライドの高さが妙に憎めない可愛らしさになっていて、本当に魅力的で素敵な子でした。
何だかまだ、元気な頃のその子のイメージしかなくて、信じられない思いでいっぱいです。
また、寂しくなります。。。

食べる、飲む、排泄する・・・そんな生きるものとして当たり前の行為をするたびに、辛い発作がおきてしまっていたそうで、その子自身はもちろんですが、さぞ、御家族も、お辛かったことと思います。

とっても穏やかなお顔でした。
いっぱいいっぱい頑張って本当に偉かったですね。
楽になった体で、ピョンピョンはねるように、楽しそうに走り回っているのかな。
心からご冥福をお祈り致します。

先日、ドッグランにご一緒してくださった方のワンちゃんも、扁平上皮ガンの手術をなさったとのこと。
昨日のサンクとの病院でも、肥満細胞種の子の飼い主さまと、色々お話をしました。
どうして、こんなにガンが多いのでしょうか。。。。

扁平上皮ガンの子も、肥満細胞種の子も、四肢に出来たガンなのですが、どちらの飼い主さまも、獣医師から断脚の話もあったものの、選択できなかったそうです。

肥満細胞種の子は、皮下で転移が起きていて、複数個の腫瘍があり、グレード2、マージンも難しい状態の様子でした。
我が家のくっくは、違うガンではあるけれど、放射線治療を受けたこと、メガボルテージの施設があるのは、A大学と、M病院のことなどをお話させて頂きました。
どのような選択をなさるのかはわかりませんが、上手くガンが管理できることを祈るばかりです。

断脚するのかしないのか。放射線治療を受けるのか。抗がん剤治療をするのか。
ガンの治療では、難しい選択ばかりです。

そればかりではありません。
最近では、免疫療法を小動物でも受けられるようになり、実際治療を始めている方もいます。
自己リンパ球を用いた養子免疫療法は、人でも、まだ限られた病院のみでの治療で、大変高額な治療です。

イヌなどの小動物に適した骨髄移植法も検討されているそうですし、分子標的薬や、遺伝子治療など、きっとどんどん、小動物の治療も広がっていくと思います。

愛犬を亡くしたある友人と話をしたのですが、
どこまでの治療を選択するべきか
これは、とっても難しい課題で、これから、ますます、飼い主は、決断に悩むことになるのだろうなっと思いました。
お互い、今、末期がんの子を抱えている状況ではなくて、亡くしてからの月日もたっているからこその、冷静な会話だったのかもしれませんが、

「どこまで可能性にかけるべきなのか」
「犬・猫の治療にどこまで費用をかけるべきなのか。」
「延命の効果と治療内容を天秤にかけたとき、犬・猫にとって、望むべき治療は、人とは違ってくるのではないか」

というようなお話をしあったのです。

結果論としては、抗がん剤治療をしたことで、穏やかな1年を送れた子もいて、逆に、苦しむ時期を長くしただけで、効果らしい効果もみられず、亡くなっていく子もいて、だからといって、自分の犬が、どういう結果になるのかはわからなくて、本当に難しいですね。

そして、私はくま子に安楽死を選択し、友人は、安楽死をしなかったけれど、それでも、安楽死も考えたそうですし、辛そうなその子を見て、「今、心臓が止まってくれればいいのに」と思ったこともあったそうです。

先日亡くなった大切な方が、闘病中、
「犬は安楽死が選択できて幸せだ」
と言われていたそうです。
その方は、まだお若く、あらゆる面で前向きで、たくさんの方に厚い信頼と尊敬を受けていた方で、意志の強い方でした。

苦しいことが続くだけの毎日は、できたら送らせたくありません。
その病気が、今後、激しい痛みの中、死ぬことが明らかになっていて、その日が迫っているのなら、できることなら、苦しむことなく安らかに・・・っと考えてしまいます。
でも、その子の、QOL(クオリティー・オブ・ライフ) をどのように評価するのかも、その子によっても、飼い主さんによっても、変わってくることで、本当に難しい課題だと思います。

2004年に日本獣医内科学アカデミーで、お聞きした、
「リンパ腫と肥満細胞種の診断と管理の最新情報(2004年)」Dr.Gregory K.Ogilvie
のお話では、最新の治療方法の選択によって、肥満細胞種の生存率は、
グレード2(文字化け予防のため英数字で書いています)なら、1990年の際の5年生存率は、40%だったけれど、2004年は、90%に延ばせるだろう。
グレード3は、1990年の時は、わずか4%だったけれど、2004年は、40%を目標にしている。
グレード1にあっては、100%の生存率が目標
だとお話になっていました。

グレード3であっても、5年間、約半数の子が生きられるのなら、もしかしたら、ガンによって死ぬのではなく、穏やかな老衰も考えられるように思います。

最新の治療を研究している先生方は、本当にすごいなーっと思いますし、お聞きしているだけで、わくわくもします。

でも、最新の治療、先端治療を、自分の犬に受けさせることができるのか、又、それを選択するのかは、また、別の問題になっていくようにも思います。
私は、ケアを怠らず、早期発見にこころがけるべきと思うし、積極的な治療をするべきと思うし、可能性にも賭けるべきとも思います。
それでも、どこまでもとは思わないし、場合によっては選択肢は大きく変化するように思っています。

皆様すでにご存知と思いますが、

ペットががんになった時―診断・治療から看取りまで
 日本獣医畜産大学・助教授 鷲巣月美 編 三省堂


は、とっても良い本です。
ガン治療の難しい内容も、私達にわかりやすく丁寧に説明してくださっています。
いつか、また、きちんとご紹介したいと思うのですが、この本の中の下記文章のみ、ご紹介させてください。

「がんの治療に関しては、最後まで闘わなければならないということはありません。何もしないということも非常に重要な選択肢だと思います。・・・・(中略)・・・・・・決して何かしなければならないということではないということを覚えておいていただきたいと思います。あえて何もしないという選択肢が、動物との最期の時間を充実したものにしてくれることもあるのです。」

今も、たくさんの方が難しい選択をし、治療とケアをなさっています。
どの子にも頑張って欲しい。
どの子も、穏やかであってほしい。
そして、ガンという病気が、克服できる時代になりますように・・・。
by phacelia | 2005-10-25 23:12 | 犬 病気のこと
リマダイルほか
サンクを連れて病院へ行きました。
とっーーても混んでいました。

サンクは、股関節が悪く、麻布大学のK先生に診ていただき、爪の異常の件で、K先生からO先生をご紹介頂き、たくさんの先生にご面倒をおかけしてしまっています。
かかりつけの院長先生からのお話によると、やはり、爪の異常部分からは、細菌、真菌などは出てこないので、免疫系が考えられるそうです。

自己免疫系疾患の治療は、幾つか考えられますが、ステロイドの長期投与など、免疫抑制剤によるコントロールをしていくのです。
長期間のステロイドは、できることなら、したくないなーっと、素人意識で思うのです。
院長先生も、「サンクのトラブルは、自己免疫性疾患の中でも、軽い症状で、それほど悪化することもないと思う。投薬は、もう少し考えてみたらどうか。」とのことでした。
とりあえず、外用薬からということで、ステロイド系の塗り薬をもらったのですが、とても小さなチューブで、全部の指に塗ったら、あっという間になくなってしまいます。^^;

麻布大学のK先生は、爪のトラブルを解消してから、股関節の治療を始めましょうといわれていましたけれど、どうも、爪のトラブルも、関節のトラブルも、どちらも抱えながら、これからを過ごさなければならない様子です。

CAP2005 9月号の、「アメリカの動物薬有害副作用情報」での、アメリカFDAの動物用医薬品センター(CVM)の副作用情報をまとめたものを見たのは、実は、関節疾患のペインコントロール薬が気になったからなのです。

K先生は、サンクの股関節は、今、人口骨頭などへの手術を行うのではなく、内服薬などで、痛みをコントロールしつつ様子を見てからにしましょうということでした。
非ステロイド性抗炎症薬NSAIDs類は、以前に関節疾患についてサイトアップしたときに簡単にまとめたこちらのように、副作用発現を少なくすることを努力しつつ、どんどん新薬が出ています。

でも、「アメリカの動物薬有害副作用情報」では、カルプロフェン(リマダイル)は、ダントツ1位です。
このダントツ1位は、発売年度1997年から、ずっとその地位にあるそうだ。
リマダイルの副作用は、以前から話題になっています。
特にラブには重大な肝疾患が出る可能性が強い「らしい」なんて、かかりつけの先生もおっしゃっていました。
1987年~2005年の間の副作用件数ベスト20では、副作用件数13202件、死亡数2655頭と、他の薬剤と桁違いになっています。

1987年~2005年の死亡数ベスト20では、1位がカルプロフェンで、2位がデラコキシブ(コキシブ系NSAIDs)、そして、発売されたばかりのテポキサリンも、21位に入っていました。

コキシブ系は、コキシブ系消炎鎮痛薬「セレコキシブ」 にあるように、従来のCOX-1阻害による消化管などに対する副作用が問題を排除するため、炎症や疼痛に関与するCOX-2のみを選択的に阻害する薬剤の開発が進められた結果、製品化された薬品となっています。

それでも、死亡数はかなりの数になっています。
CAP2005 9月号によれば、老犬への使用が多いためにこのような数字になっているのかもしれないと、書かれてありました。

関節痛を含め、老齢になってから、しかも長期的に使用することが考えられるこのようなお薬は、リスクはある程度把握していないといけないのかもしれません。

サンクのことを考えると、爪の治療で、長期的にステロイドを使用すると、股関節においては、関節の修復に必要な生理的なメカニズムも阻害してしまって、結果的に進行させてしまうと思うし、股関節の状態を考えると、痛みの緩和のために、今後、NSAIDs薬は、ますます飲む機会が増えるだろうし・・・・。

歳をとるっていうのは、心配が増えてしまいますね。
そして、遺伝的に減らすことができる可能性がある病気は、減っていって欲しいな。。。
by phacelia | 2005-10-24 23:59 | 犬 病気のこと
フィラリア予防
フィラリア予防薬、色々出ておりますが、皆様は、何をお使いでしょうか。
来年、どうしようかなって変更をお考えの方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

CAP2005 9月号の、「アメリカの動物薬有害副作用情報」は、アメリカFDAの動物用医薬品センター(CVM)の副作用情報をまとめたものです。

これによると、びっくりしたのは、セラメクチンの副作用報告が、犬・猫ともに、とても高いのです。
1987年~2005年の間の副作用件数ベスト20、2000年度副作用件数ベスト20、2000年度死亡数ベスト20 のいずれの統計を見てもベスト2位という、高い件数の副作用が出ています。

セラメクチンは、日本では昨年発売されたばかりのもので、米国でもそれほど年数がたっていません。
それなのに、1987年からの統計でも2位と、高い報告数が既に出ています。

2001.6~2004.9の期間での、フィラリア予防薬による犬の死亡数の統計の比較では、下記になります。
イベルメクチン系・・・50頭
ミルベマイシン系・・・59頭
モキシデックの錠剤・・・・0頭
モキシデック注射薬・・・・485頭
の中で、
セラメクチン・・・・・・110頭

になっています。

セラメクチンは、レボリューションという商品名で、ファイザー製薬から発売されているもの。
スポットオン式という、簡便さで、犬だけでなく、猫にも使用しやすいものです。
しかも、ノミにもミミヒゼンダニにも、そしてフィラリアをも予防できるというすぐれものです。
薬品会社、動物病院などのサイトを見ると、どれも、副作用が少なく安全性が高いとなっています。

犬・猫に対する副作用のみではなく、つける側の人へも、皮膚のトラブルなどの副作用が報告されています。

スポットオン式は、検査をしなくても安全に投薬できるとなっていて、このことが、逆に副作用を増やしているのかもしれません。
単純に他の薬剤と比較して、危険かどうかの判断はできませんが、少なくとも、他の薬剤より安全性が高いということは、いえないと思います。
副作用・死亡例が出ていることも考え、新しい薬剤の使用は、もう少し、控えたほうがより安全のように思います。


モキシデック注射薬は、発売すぐに副作用での死亡があいつぎ、問題になった予防薬です。
米国では、2000年発売になったが、副作用数も死亡数も多く、アメリカ動物用医薬品諮問委員会(VMAC)の目に止まり、発売停止になり、現在、死亡数が多い原因について説明を求められています。(CAP2005 9月号による)

日本でも、一時この結果を受けて発売を停止していましたが、現在では再販しています。国内での販売は禁止されておらず、農林水産省も、獣医師の判断(裁量権)に委ねて良いという判断です。サイトを見ると、獣医師によっては、使用をやめている病院も多いのですが、要注意と思います

なんで、米国と日本では、対応にこれだけの遅れと曖昧さがあるのでしょうか。
by phacelia | 2005-10-24 23:13 | 犬 病気のこと
キシリトールは、犬には有害?!
c0031288_0282595.jpg

(マダム・アルフレッド・ロッジモント ブルボンローズ)

キシリトールは、甘みがあるのにカロリーが少なく、虫歯の予防にもなると、チューインガムなど大流行です。
それに追従するように、犬のおやつなどにも、「キシリトール入り」がたくさん出ています。

でも、犬は、人と違い、キシリトールによるインスリン分泌が強烈です。
CAP2005.10月号の、「犬猫の嗜好品による中毒」によれば、アメリカの動物中毒センター(APCC)には、犬のキシリトール入りガムによる低血糖の報告がかなりの件数入っているそうです。

ヒトは、キシリトールは、インスリン分泌しません。
でも、犬、ウシ、ヤギは、インスリン分泌するのです。(猫は不明)
特に犬のキシリトールによるインスリン分泌能は、グルコースの6倍にも達します。

CAP2005.10月号に掲載されていた症例報告としての、ラブラドールレトリバーの9歳の子は、キシリトール入りのガムを100個食べたそうで、、さすがラブ、やるときは、思いっきりっっっっという数だけれど、痙攣を起こし、来院時にはほとんど反応がない状態で、血糖値も、正常値の1/3位にまで下がっていました。処置によって助かったものの、「これだけの量を食べてよく生き延びた」と書かれてます。

厚生労働省のこちらのサイトでも、
ビーグル犬を用いた混餌(2、5、10、20%)投与による104週間の反復投与試験において、20%投与群で肝比重量の増加が、10%以上の投与群でGPT等の血清酵素値の上昇、門脈周辺の肝細胞質の淡明化が認められる。肝比重量の増加、血清酵素値の上昇及び門脈周辺の肝細胞質の淡明化は、高濃度のキシリトール投与により、インスリン分泌が促進され、グリコーゲンが生成し、それが肝臓に蓄積したことなどによるものであると考えられる。このような変化は、イヌ以外の動物種では見られていないと米国食品医薬品局は報告している。
と書かれてます。

トラックバックさせていただいた、こちらもご参考になさって下さい。

こちらのブログにも、書かれてあるのですが、犬のおやつ等に、こんなにもキシリトールが含まれているのは、何故???っと疑問でいっぱいです。
こういった、インスリン分泌について理解しているのでしょうか。
また、犬は虫歯はほとんど見られませんし、噛み合わせを考えても、交差する犬の歯に、キシリトールがどんな効果が得られるのでしょうか。
犬で問題になる歯周病に、キシリトールは、有効なのでしょうか??

犬種によっては、低血糖になりやすい犬もいます。
食べ物は、注意しないと、一袋ごと食べられてしまうこともあります。
キシリトールには、注意を払ったほうが賢明なのではないでしょうか。
by phacelia | 2005-10-23 23:59 | 犬 病気のこと
猫の爪切除術
c0031288_20405379.jpg

獣医師向けの雑誌、J-VET2005-10月号と、CAP2005-8月号に、「猫の爪切除術の疼痛管理」について、続いて掲載されていました。

こんなふうに、色んな雑誌で取り上げられてるのを見ると、猫の爪切除術が日本でも広まりつつあるのかなっと、憂鬱になります。

CAP2005-8月号によると、アメリカでは毎年1,400万頭もの猫に対して爪切除術が行われているそうだ。
一方で、西山ゆうこ先生の資料によれば、「つめとり手術は非常に痛みを伴い、人道的ではないという声が高まると同時に、この手術を実行しない、という獣医師も年々増えている」そうです。
また、「スウェーデンを初めとする北欧諸国の多くは、つめとり手術は法律で禁止されており、この手術を行った獣医師は罰金、免許剥奪の対象になる。」そうです。

猫の爪切除は、病気や怪我での手術と違って、人が家具やじゅうたんを痛められないようにっと、人間側の身勝手で行う手術です。

CAP2005-8月号によると、「いわば人間の都合によって行われるケースが多いため、手術にに際して疼痛をもたらすようでは動物愛護の観点からも問題となる」ので、疼痛管理が大切と書かれてありました。

でも、猫の痛みを評価するのは、難しいのです。
猫の痛みによる行動の変化は、犬より少ないので、猫の疼痛の程度は、低く見積もられることが多いそうです。
しかも、爪切除は、前足両方に行われます。
ですから、どんなに痛くても、前足を使わないわけにはいかないので、痛みによる行動の変化がさらにわかりにくいのです。

指の骨を切断されてしまうのですもの。。痛くないワケがありません。
(「爪切除術」と言われておりますが、実際は、指の第3関節から先を骨ごと切除します。)

J-VET2005-10月号によれば、爪切除術を行った猫のなかには、慢性疼痛がみられることがあり、猫が釘やガラスの上にいるように、そっと歩いたり、活動量が減少したり、食欲が低下したり、攻撃性が増加したりすることがあり、それが、数ヶ月から数年にわたりみられる場合もあるそうです。

数ヶ月~数年もの間、釘の上を歩かされる猫のことを考えると、いたたまれなくて、きっと飼い主さんだって、たまらないと思うのです。

これは、術前、術後の疼痛管理が適切でなかったことで、ワインドアップ現象が起こり、中心性ニューロンが脊髄に入るシグナルを増幅させ、刺激が実際より激しくなり疼痛が増大することによって起こるそうです。

痛み以外にも、猫は手術による入院のためのストレスも受け、前足を包帯で覆われるというストレスも受けます。
その間に、食事を受け付けることができず、トイレもすることができない猫は多く、膀胱炎を併発することもあります。

疼痛管理は、病気・怪我のケア、治療において、とても大切です。
たくさん研究が進んで、良いペインコントロール術が進み、管理できるようになるとよいと思います。

でも、それ以前に、本当に、猫に爪切除術を行わなければ、ならない状態なのか、他に回避方法や、改善策はないのか、人側の工夫はできないのか、真剣に考えなければいけないと思います。

西山先生は資料の中に、「家具やじゅうたんには感覚がない。でも猫にはある。」と書かれてました。

猫は、生きていて、痛みを感じ、そして、指は、必要だからあるものなのです。

*参考資料*
★動物の整形手術 発行 動物の会アルファ
★「猫の爪切除術による慢性疼痛症候群」 J-VET 2005.10 james S.Gaynor,DVM,MS,Diplomate ACVA & AAPM 翻訳 山崎 美紀
★「猫の爪切除術後の疼痛管理」 CAP/August 2005 Wanda J.Gordon,DVM Michael G.Conzemius,DVM,phD,DACVS 訳 Uyeyama 葵
by phacelia | 2005-10-23 20:50 | ねこ まじめに・・
アジリティ見学
c0031288_148185.jpg

今日は、エルちゃんのアジリティ教室を見学に行きました。
エルちゃん、難しいコースも、軽々とこなしていて、とってもかっこよかったです。

他の子達も、みんな、とっーても上手でした。
シパッキー(スキッパーキ)で、参加されている方もいました。
ちっちゃいながらも、元は牧羊犬。アジを楽しそうにしていました。
ふぁーとお顔が似ている子で、以前から気になっていた犬種。
近くで、勇姿?を見れてよかった。
断尾する子と、もともと尾がない子がいるとお聞きしていたのですが、あの子はどっちなのかな。
スピッツ系って、豊かな巻尾が魅力的な子が多いのですが、断尾しないとスキッパーキって、どんな尾なのかな。
いつかお聞きできたらいいな・・・。

最近、他のしつけ教室や訓練士さんの指導を見たりしていなかったので、久々のギャップに、なじめるかどうか。。。。。
だとりつくまで、片道2時間前後。エルちゃんの所からはもっと遠いのに、すごいなー。
他の教室も見学させていただいたりして、もう少し考えてみようかなって思いました。
by phacelia | 2005-10-22 23:05 | 犬 行動・しつけ
ドッグラン
c0031288_140214.jpg



c0031288_1405522.jpg



c0031288_1414878.jpg



キャンディちゃん、アイディちゃん、JCちゃん、あっとん、ラブちゃんと、ドッグランすいらんに行きました。
レトリバーのみんなは、ボールやおもちゃを追いかけて楽しそうでした。
ふぁーは、りなままが、一緒に走り回ってくれて、ニコニコしていました。
チワワや、M・ダックスなどのちっちゃなワンコ達もいたのですが、みんな、フレンドリーで可愛い子ばかりでした。

JCちゃんと会ったのは、ちょっと久しぶり。
相変わらず、可愛かった~。
大人の魅力が増したみたい。
ベルちゃんのことも、思い出して、胸きゅんでした。

お昼も、とっーーてもおいしくて、大満足でした。

本当は、大事な用事があったのですが、担当の方がご不在で、再度お伺いすることになりました。
集まって頂いた方には、二度手間になってしまって、本当に申し訳なくて・・・・。
でもでも、ワン達は、とっても楽しそうだったし、又、みんなで遊べると思うと、わくわくです。(#^.^#)
皆様、本当にありがとうございました。
そして、、又、どうぞ宜しくお願い致します。
by phacelia | 2005-10-21 22:42 | いぬばかでれでれ
ボルゾイちゃんの続報
ボルゾイのネオスちゃんですが、健康状態が改善されず、手術はできなかったそうです。
本日、ご自宅に戻られるとのご連絡を頂きました。

飼い主様から、供血を頂いた方、お集まり下さった方に、たくさんの感謝の気持ちでいっぱいですと、ことづかりました。
本当にありがとうございました。

飼い主様は、昨日、一昨日と、寒さの中、病院の駐車場の車中にて夜を過ごされていたそうです。
冷え込んだ夜でしたのに・・・。
お気持ちを思うと、言葉がみつかりません。

ネオスちゃん、やっぱりお家が一番ですものね。
お家に帰れてよかったね。
住み慣れたお家で、ご家族に囲まれて、元気をとりもどしてくださいますように。。
心から祈っております。

皆様、本当にありがとうございました。
by phacelia | 2005-10-21 09:29 | 犬 病気のこと
ボルゾイちゃんの続報
供血のお願いの続報です。

ボルゾイのネオスちゃんの最新情報です
本日の手術に十分な供血のお申し出を頂きました。

皆様、本当に本当にありがとうございました。

手術がんばれ~!!!!!!!!
by phacelia | 2005-10-20 06:53 | 犬 まじめに・・
供血のボルゾイについて
供血のお願いの続報です。

ボルゾイのネオスちゃんの最新情報です
明日、午後1時の手術が決まりました。

供血をお願い致します。
供血の対象は、20kg以上の健康なワンちゃんです。
複数頭からの輸血が必要な手術になります。
どうか、多くの方が、お力になって頂けますよう、お願い致します。

ご協力頂ける方は、クロスマッチテストが必要なため、本日午後8時までもしくは、明日朝9時頃までに日獣医まで来て下さい。

飼い主様は、遠方にお住まいのため、病院に付き添っております。

何かご連絡がありしだい、追ってお知らせ致しますので、こちらをご覧になって下さい。
by phacelia | 2005-10-19 14:48 | 犬 まじめに・・