ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
カテゴリ:k9フリースタイル( 10 )
静電気
c0031288_946295.jpg


レッスンなどでお借りしている場所、気兼ねなくてとても気に入っているのですが、床がビニルマットになってからは、静電気がすごいのです。

大きな加湿器を、3つも設置されていて、所々に静電気を放散させるシールみたいなのも貼ってあります。
それでも、摩擦で静電気が起きてしまって、犬にごほうびをあげようとする度に、バチって来て、犬もかわいそうなので、相談してみました。

天気や風によって、全然起きないこともあるそうです。
ゴムを敷いたり、スプレーしてみたり、色々工夫されているそうですが、また、検討しますっとのことでした。

それで、試しに、100円ショップの、静電気防止の輪ゴムみたいなのを買ってみました。

c0031288_9524497.jpg


こんなので効果があるのか疑問??だけれど、もし少しでも違うのだったら、レッスンのお仲間に、貸し出ししようと思いました。

c0031288_9544492.jpg


犬達にも付けてみました。

そして、水分をとって、念には念を入れて、時々シールに手をかざして・・・・。

そうしましたら、一度も、バチってきませんでしたー!!(^.^)/~~~
やったーーー!!!

帰り際に、スタッフの方にお聞きしたら、なんと!!加湿器を昨晩から入れておいて下さったそうです。

心配りに大感謝です。
静電気が起きなかったのは、100円の輪ゴムじゃなくて、スタッフの方達のお陰だったんだーっと思いました。

天気によっても違うそうなので、又、何度か、実験??を繰り返してみようと思います(#^.^#)

自主練は、犬2割、人8割位しました。仕上がりは、人(自分)0.5割、犬4割って感じです。。
こんなんじゃだめだーーーーーー(T_T)
でも、土曜日はアジであそんじゃいまーーす(^_^;)
by phacelia | 2013-04-13 10:06 | k9フリースタイル
衝動買い
トイレシーツを買いにいった、ドンキで、ふと、目に入ってしまいました!!(#^.^#)

c0031288_0552090.jpg


かっ可愛い!!!♪♪

これでるーちゃんと踊ろう!!
後ろ足で廻ったり、前足で廻ったり。
遠隔で2つの間を走ったり。
上にのって、ポーズしたり。

速攻で買い物カゴに積んでいました。

レジに並びながら、

「でも、このリボン、動くときに、るーちゃんにとっては邪魔だろうなー」
「キティーちゃんに、リボンは絶対必需品だよな」

っとちょっとだけ、まともに考え始めました。

帰りの車の中で、
「もしかしたら、後ろ足で歩くには、高すぎて、前足で歩くには、低すぎるかも知れないなー」

なんて、ますます、思考がまともになってきました。

だけど、るーちゃん、

後ろ足で廻ったり、前足で廻ったり。
遠隔で2つの間を走ったり。
上にのって、ポーズしたり

この中で、出来ることなんて、ひとっつもないのです(^_^;)

あぁ、今すぐ、して欲しいなー。見たいなーー。
使えるときがありますように・・・・・。

c0031288_131293.jpg


ワラワラと点検に来る犬たち。

c0031288_134624.jpg


とりあえず、座らせてみました(#^.^#)
by phacelia | 2013-04-10 01:05 | k9フリースタイル
大丈夫
c0031288_23402341.jpg


7日は、フリスタのレッスンがありました。
るーちゃんは、初めてグループレッスンに参加させてみました。
レッスンに付いていけるかどうかより、合間合間に生じる、「待たせる時間」が、まだまだ他の皆さんのワン達みたいに、落ち着いていられません。(^_^;)
そんなるーちゃんは、もちろんのこと、ぼのっちも、ふぁーも、課題が満載。

まだ、ライブコンペは、OPDESのライブコンペ一度しか経験のない私。
気分は、ずっと初心者のままで、永遠にビギナーでも良いのにっと思っているのですが、ジャッジの目は、すこーーーしずつ、厳しくなっているような、いやーーな予感(^_^;)が・・・・。
そして、フィギュアスケートのように、どうしても評価が、個人個人によって違いが生じます。
悩んだり、落ち込んだり、考え込むこともたくさんです。

そんな私に、先生は、
「大丈夫。Fさんにならできる。もっと自信をもって」
と、おっしゃって下さいました。

「大丈夫」
この言葉のもつエネルギーの大きいこと。
裏打ちできるような、技量も資質も材料が何もないのに、
この言葉だけで、出来るようになれるような、気持ちになって希望が湧いてきました。
大きな支えを頂けて、本当に有難いと思いました。

後日、R君のママにお電話したら、R君のママも、競技会で脱走してしまうのではと、心配で心配で、その不安を口にする度に、先生が、「大丈夫」と言って下さったそうです。

7日は、「大丈夫」の日だったみたい・・・。(#^.^#)

今日は、初めて出した、WCFOのビデオコンペの結果が届きました。
ふぁーちゃんでエントリーしたのですが、棚ぼたで、一位のメダルを頂いてしまいました。
OPDESのビデオコンペでも、一位を頂いて、今回のルーティンでは、実力以上の評価を頂いてしまいました。

英語が出来ない上に、ジャッジの字が達筆すぎて、ほぼ雰囲気のみでの解読なのですが、「選曲が良い」と書いてありました。
k先生がアドバイスを下さって、ふぁーちゃんの動きにあった曲を悩んで捜して決めました。
「犬と私の動きが音楽に合っている」とありました。
ツーステップもまともに踏めず、右手と右足が一緒にでるし、犬と私の両方が動くという、二足の草鞋が、どうしてもできない私に、根気強く指導して下さった、T先生のお陰です。

元々、英語ができない私が、WCFOにエントリー出来て、その後のワケわかんない恐怖のメールに、何とか対応できたのは、勉強会まで開いて下さった、Iさんと、一つ一つ訳しては、英文を作って下さった、Oさんがいて下さったからです。

一緒に練習したり、一緒にビデオ撮りをして下さった、大切なフリスタ仲間がいて下さってこそです。

そして、ふぁーちゃん!!お願いだから、元気で長生きしてね。

画像は、去年の秋に、初めてこの曲でエントリーしたときのものです。

c0031288_030099.jpg


c0031288_030841.jpg


多分、永遠に、ダンスも下手で、伸びシロが小さい上に時間だけはかかる私ですが、これからも宜しくお願い致します。

下手っぴですが、上手下手だけではなくて、他の方の演技を見ているのも楽しいし、犬達と色々するのも楽しいし、(人の動きは、時々憂鬱になったり、面倒になりますが(^_^;)、)楽しい気持ちを大事にして行きたいと思います。

ありがとうございました。
by phacelia | 2013-04-10 00:40 | k9フリースタイル
前向きに
c0031288_4453499.jpg


春のファンマッチや競技会が目前にせまってきました。

よく、「3頭出すのなんて大変でしょう」と言われます。
大変なことは大変なのですが、本当は、「3頭だから」ではなくて、「ぼのっちとやるのが大変」なのです。

ふぁーちゃんも、ぼのっちも、去年の5月末から始めた曲です。
1年近くになるので、ふぁーちゃんは、ほぼ理解してくれています。

るーちゃんは、まだ、競技会クラスに出せるようなことは、何もできないし、上手に出来なくて当たり前なので、楽しくできればよいのです。

難関なのは、ぼのっちです。

ひょうきんでとぼけたところのある、面白くて可愛い子なのですが、気が小さいし、環境の変化に弱いし、気分屋さんなのです。

気持ちがハイな時には、やることががさつだし、乗らないと、3回位指示を出してやっと、「仕方ないな」って感じで、のったりになってしまいます。

オヤツが大好きなのは、3頭共一緒ですが、ふぁーちゃんやるーちゃんは、
「何かするのも楽しいし、オヤツももらえる」
という感じなのに、ぼのは、
「オヤツをもらえるからやる」
という感じなのです。

それでも、ジャンプや得意になっているトリックは、楽しそうなので、多分、楽しめるまでの自信が備わっていないのだと思います。

気が小さくて、自信がもてなくて、環境に弱い子だからこそ、色んな場に出して、良い経験をさせないと育たない・・・・・・のは、よーーーく分かるのですが・・・・・・やっぱり、気が重い。

でも、気が重いと、そういうのもすぐに察知しちゃうから、私の気持ちから、切り替えていかないといけない。

「明るく、楽しく、ノセて」
なんて、懸命にやっても、私が無理しているとか、わざとらしいっとか、察知しちゃう・・・。

本当に、今のぼのと楽しんであげないと、ぼのには、何でもお見通しなんですもの・・・。

「できなくてもいい」って思っているけれど、それでも、心の片隅で、「できたらいい」があると、どこかで伝わってしまう。。。

まずの問題は、私の精神面の弱さ。

去年の秋のファンマッチで、笠原さんが撮影して下さったぼのっち。
どのぼのっちも、ちゃんと、私を見て、答えようとしてくれていました。
どのお顔も、とっても良いお顔ばかりです。

今日から、毎日、このブログを見ようと思います。
自己反省しつつ、ぼのっちの画像に元気をもらって。
ちゃんと、ぼのっちと向き合おう!!!

c0031288_4441032.jpg


c0031288_4591542.jpg


c0031288_4443580.jpg


c0031288_4445868.jpg


c0031288_4593533.jpg

by phacelia | 2013-03-19 05:01 | k9フリースタイル
動物フェスティバル神奈川
c0031288_8153439.jpg


10月14日、動物フェスティバル神奈川のデモに参加しました。

暑い毎日が続いていたのに、この日は、小雨が降り続き、肌寒い1日でした。
人工芝は滑ってしまうということで、雨に濡れたアスファルトで、演技することになってしまいました。

天気に恵まれず、決して良い条件ではなかったのですが、肌寒い天気と違って、とても暖かい思いが膨らむ、素敵なデモでした。

参加されたどのペアも、素晴らしい演技でした。
それぞれの成功体験を持ち帰られたように思いました。
皆どの方も、終わったあと、爽やかなお顔でした(#^.^#)

デモの様子は、是非、下記のブログをご覧になって下さいませ。
http://border-polly.blogspot.jp/2012/10/blog-post_15.html
http://caninefreestyle.dreamlog.jp/archives/52303884.html
http://caninefreestyle.dreamlog.jp/archives/52305298.html

ポリーちゃんの保護主様、ポリーちゃんのポリーママさんの、晴れ舞台を見て、どんなにうれしかったことでょうか(#^.^#)
ポリーちゃんと見詰め合う幸せそうな笑顔。
一生懸命に、そして楽しそうに指示に従って頑張っている姿に、会場中が感動に包まれました。

私も保護したことがあるのですが、里親様から頂く、写真一枚がどんなにうれしいことか。
まして、一緒に躍っている姿!!!
なんて素敵なプレゼントでしょうか。

我が家の犬達、猫達も、皆、保護した子です。

この日参加させて頂いた、ふぁーちゃんは、雨の日に兄弟と共に捨てられました。
冷たい雨に打たれた子犬達は、皆、次々と死んでしまい、奇跡的に生き残った子です。
ふぁーちゃんは、片目が潰れ、頭部には大きな怪我を負っていました。
ふぁーちゃんも、その兄弟達も、ほんの僅かな時間の差で、皆、助かっていたかも知れないし、ふぁーちゃんも死んでいたかも知れないと思います。

不器用な私と、10歳になったふぁーちゃんが、色んなことを楽しめて、何とかながらも踊ったり出来るのですから、ふぁーの兄弟達も、大事に飼われていたら、きっときっと、素敵な犬たちだったと思います。

どの犬も、人の保護から離れた、その瞬間から、生死の狭間にいるのだと思います。
低体温かもしれないし、怪我かもしれないし、飢えや脱水そして、殺処分かもしれない。

保護下さった方は、そんなギリギリの命を、ポリーちゃんの暖かいご家族に、赤い糸を繋げてくださったのだと思います。
命が繋がって、笑顔が繋がって、何て大きな素晴らしいことでしょうか。


動物フェスティバル神奈川でのデモ。
ふぁーちゃんは、うーーーんーーーーどうだったのかな???

アスファルトでは、ボウでのバックや、二本足での動きは、してくれないかも知れないなーっと思っていたのですが、思っていたとおり、してくれませんでした(^_^;)
見せ場で予定していた動きは出来なかったのですが、全般的には、楽しそうに動いてくれました。
それよりも、思った動きと違ったことで、おろおろしちゃった私が、失敗です(#^.^#)

反省は山のようにありますが、ふぁーちゃんが笑顔で楽しそうに、一緒の時間を過ごしてくれたことが、何よりもうれしい時間でした。

暖かくて和やかな、素敵なデモ。
参加させていただくことができて、本当に素敵な時間を過ごしました。

ありがとうございました(#^.^#)
by phacelia | 2012-11-01 08:24 | k9フリースタイル
はじめの一歩
c0031288_1051249.jpg


10月のレッスンは、とってもタイムリーな内容でした。
るーちゃんのヒールワークで、私の肩が開いてしまっていること、トリーツをあげるとき、ピョンピョン立ち上がらせてしまっていること等を指摘されました。

ポジションは、犬に自分の足を基準にして教えるのですが、いつも肩で押していれば、肩を見て覚えてしまうし、その肩が開いてしまえば、犬を後ろに下げてしまう。

るーちゃんは、今、きちんと教えてあげないと、変なクセをつけてしまいます。

指摘されて、肩を気にして正しい位置にすると、既に、るーちゃんは混乱してしまいました。
これが、もっと時間がたっていれば、もっと修正が難しくなっていたことでしょう。

c0031288_1074723.jpg


るーちゃんにしていることは、ぼのっちにもふぁーにも、してしまっていることです。
撮影して頂いた画像を見ても、肩が開いている・・・・。

以前、外廻りと内廻りでの、ポジションの意識について指導頂いたのですが、これもまた、るーちゃんだけでなく、ぼのもふぁーも、トレーニングが不足していました。

特に、ぼのもふぁーも、遅れがちなので、どうしても外回りで、犬に付いてくる意識をつけることばかりを大事に考えていたので、内側にしたときのポジションの乱れがなあなあになっていました。

そして、細かい意識をつける地味なトレーニングを、つまらなくさせないためにも、褒めや、おもちゃを使ったりの遊びの組み入れが大事になるのだと思います。

これもまた、るーちゃんは、ノリが良いのですが、ぼのやふぁーは、おもちゃに対しての興味が強くないので、どうしても、オヤツにばかり頼ってきてしまいました。

それは、私にもおもちゃを使用したトレーニングの経験不足になるし、クセにもなってきてしまっています。

c0031288_1091896.jpg


るーちゃんと、原点からのトレーニングをしていて、改めて、ぼのやふぁーの欠点がどこから発生しているのか、どこが不足しているのか、気づくことが多いこのごろです。
by phacelia | 2012-10-26 10:10 | k9フリースタイル
アウラさんのフリースタイルファンマッチ
c0031288_20485773.jpg

Rママさん、素敵な画像をありがとうございます♪

アウラさん主催のファンマッチ&競技会に参加してきました。

天気予報では、台風が来ているので外出は控えるようにと繰り返し伝えていました。
秋田犬さん達がお泊まりに来ているので、帰れなくなったりしたら大変。
参加しようかキャンセルしようか悩んで、中々準備も進まず、寝付けないまま朝になってしまいました。

当日朝は、晴れていました。
・・・・とりあえず、行っちゃえっ!!と、勢いだけで、ワフへ出発。
台風が来ているのに、皆さん参加されていて、びっくり。

3頭、皆で楽しんできました。

るーちゃんの集中力は、まだ、1分もつか持たないか。
何度も、あちこちを気にしてしまいました。
元気いっぱいで、がちゃがちゃした子だし、コマンドもポジションもまだ理解なんてしてないし、止まって欲しいところでも止められない(^_^;)
でも、そんなことは承知の上。
ちっちゃな弾丸娘が、くるくるコロコロ転がるようにして、ニコニコしている様子は可愛くて可愛くて(#^.^#)
それだけで、100点満点なのでした。

今回の目的だった、場慣らしは、良い経験になれたのではと思いました。
そして目標だった、「楽しく」も「チッコもらし、ウンチもらしをさせない」もクリアできたと思います。(#^.^#)
保護してまだ3ヶ月。
一つ一つの基本的なポジションとヒールワークを、しっかり丁寧に教えていきたいです。



お見せできるような演技とは程遠くて、フリースタイルになってないのですが、大事なデビュー記念なのでアップしちゃいます(#^.^#)

ぼのっちは。。。。。
開始前に、まず、会場の床の所々にある小さなネジ穴が怪しいと言いだしました。
「危険」って、大きく避けながら、気にしながらで、集中どころじゃない。
一つ一つのネジ穴の上に、オヤツを置いて、励ましながら呼んで、オヤツを食べることが出来たら褒めて。
こんな所に来て、何をしているんだって思いました(T_T)
ネジ穴があるなんて、ぼのっちがいなかったら、一生気付かなかったと思うし、ぼの以外に気付いた犬なんていないと思う位、ちっちやな穴なのに・・・。

それでも、ぼのっちなりに、集中も切らさず、一生懸命こなしてくれました。

c0031288_21545268.jpg


神経の細かいぼのっちが、ネジ穴やちっちゃな虫や、会場の雰囲気や、そんなことを気にせず、目線がふらふらせずに出来るようになるためにも、もっともっと関係作りをして、集中力や意欲をあげないといけないのだと思います。
そして、フォローできるハンドラーにならないといけないのだと思います。

悩みはつきませんが、それでも、そんなぼのっちが、また、可愛かったりするし、これもまた楽しいと思って、続けていけたらと思っています。

c0031288_21554223.jpg


ふぁーちゃんは、今できることをちゃんとこなしてくれたと思いました。
ヒールワークが遅れ気味で、綺麗じゃないし、バックも真っ直ぐ下がれなかったし、遠隔のサイドステップも動きが緩慢になってしまったし、一つ一つに「あと、ちょっと」が足りないのです。
でも、それは、私の問題。
その、「あと、ちょっと」を教えるが道のりも厳しくて簡単じゃありません。
そして、私の動きは、「あと、いっぱい」って感じです。(^_^;)
手の動きが・・・、足の動きが・・・、うるうる。。。。

ふぁーちゃんとの演技が終わる頃には、会場内にも響くような豪雨になってしまいました。
本当なら、3頭の演技が終わって、ここからは、ゆっくり上手な方の演技を鑑賞させて頂くことを楽しみにしていたのですが、どんどん風雨が強まる中、暗くなってから高速を走るなんて、絶対無理!!っと思ったので、途中で帰宅することにしました。
ジャッジシートを先生に預かって頂くお願いをして慌しく帰りました。

帰りは、ものすごい雨と風で、前は何も見えないし、風で横に流されるし、レインボーブリッジは封鎖??されちゃうし、怖かった~!!!

和やかで素敵なファンマッチを開催下さったアウラの西田先生、スタッフの皆様、ジャッジシートに丁寧で暖かいアドバイスやコメントを下さったジャッジの先生の皆様、本当にありがとうございました。
そして、一緒に頑張って、会場で楽しくおしゃべりさせて頂いたり、撮影して下さった皆様、素敵な時間をありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
by phacelia | 2012-10-23 22:03 | k9フリースタイル
できない
c0031288_492289.jpg


9月23日、ドッグダンスコラボさん主催の発表会に参加してきました。
無謀にも3頭、みんな、申し込みしちゃいました。

ぼのっちが最初でした。
ぼのっちのときは、待ち時間が異常に長く感じられて。
待っている間に、どんどん緊張しちゃって、しまいには、お腹がキリキリ痛くなって立っているのも辛くなってきてしまいました。
まだきちんと作っていなかったこともあって、ルーティンも頭から抜け落ちてしまいました。

ぼのっちのときは、いつも、
「どうせ、出来ない」
って思ってしまいます。

でも、るーちゃんのように、
「出来なくていいの」
っとは思えないのです。

「出来ない」って思っているくせに、「出来たい」って願うのです。

なので、いらない緊張をしてしまう。
そして、ぼのっちじゃなくて、自分がボロボロになってしまう。

ぼのっちは、環境にすぐに飲まれてしまいます。
そうすると、いつものテンションがなくなって、途端に、チンタラしてしまう。
伏せをしたりの体勢の変化や、離れたり、じっとしていたり、そういうのも、全部苦手になってしまいます。

それが分かっているので、「出来ないだろうな」って思ってしまうのです。

でも、動画を見たら、ぼのっちは、頑張っていました。
やっぱり苦手なことは、中々しなかったり、失敗したりしていたし、動きもいつものようにではなかったけれど、もし、私が落ち着いていたら、ぼのっちの頑張りを、生かせてあげられたのにと思いました。

「できない」って思うのじゃなくて、その時のぼのっちの「できる」ことを大事にしてあげられること。
それこそがぼのっちにとって、信頼できる私になることなのに。。。。

それに、気が弱いところも、飄々としているところも、とぼけたところも、いきなり点いたり消えたりの不思議なスイッチも、みんな、ぼのっちの大好きな部分なのだから、そんなぼのっちのそのままを受け止めてあげないとなのに・・・。

ぼのっち、ごめんね。

そして。。。

3頭は、やっぱり大変!!!

なーんにもできないるーちゃんの、ちっこもらしうんちもらしのトイレ当番に、何かとやたらに吠えるし・・・。
日々の生活に迷惑だから、そんなことに掛かりきりになってしまう。

そういう時期もあるさ・・・・・・・って思っていたけれど、

ぼのっちも、ふぁーちゃんも、それぞれの、今という、それなりの「そういう時期」を過ごしていること。
それに対して、きちんと答えていない自分がいること。

どの子の今も大事にしてあげられないのなら、多頭飼いなんてしちゃだめじゃん。。。

発表会でも、3頭だと、着替えたり、犬のトイレだしをしたり、準備だけでいっぱいいっぱい。
たくさんエントリーしている方達って、こんなに大変だったんだっと改めて思いました。

反省の山盛り。
それが、1番の収穫でした。

るーちゃんは、お肉を持った手をターゲットにして、ただ歩いただけでしたけれど、テンションとヒールワークを褒めて頂きました。ありがとうございました。
これからの子なので、大事に育てないとと思いました。

ぼのっちは、あんなにボロボロだったのに、特別賞を頂き、ありがとうございました。
ぼのっちの、苦手なことと得意なことが、はっきり出てしまっているので、その部分を頑張るようにと、アドバイスいただきました。

ふぁーちゃんは、人数がとっても少ないクラスでしたので、運だけで、Bクラス一位を頂きました。
ポジションやトリックの精度を丁寧にしあげていくことをアドバイスいただきました。
「優しいオーラを感じられる」とコメント下さり、とてもうれしかったです。
表現力が皆無で、それぞれの犬のそれぞれの良さを出してあげられることができないので、励みにして頑張らないとっと思いました。

ご一緒させて頂いた皆さん、素敵な演技ばかりでした。
もっと、拝見できる時間が欲しかったなーー。

また、すぐに、アウラさん主催のファンマッチがあります。
何日かで、いきなり良くなんてならないでしょうが、とりあえず、さぼり魔なので、ちょっとは反省を持続できるようにしないと!!!

にほんブログ村 犬ブログへ
by phacelia | 2012-09-26 05:13 | k9フリースタイル
アウラのファンマッチ
アウラのファンマッチの写真が届きました。

とても丁寧に撮影下さっていて、感激です。

ぼのやふぁーと見詰め合っている写真がたくさん。
一緒に楽しんで、一緒に頑張って、一緒に緊張して。

c0031288_15365823.jpg


c0031288_15375778.jpg


c0031288_15382489.jpg


ぼのっちは、毎回、お約束のように、テンションもムラムラで、音楽は進んでしまうし、途中はしょるしかなかったり・・・だったけれど・・・。
でも、ぼのっちが、どんなに一生懸命頑張っていたのかが、一枚一枚からすごく伝わってきました。

ふぁーちゃんは、ゆっくりでなだらかな曲だったので、テンポに無理がなかった。
ふぁーちゃんに無理をさせないと、私も楽だった。
のんびりマイペースの動きだけれど、一つ一つすごく真面目にこなしている様子がふぁーちゃんらしいと思いました。
本当は、もう少し機敏に動いて欲しいのだけれど、望むのではなくて、ふぁーちゃんに合わせてあげることの大切さを教えてもらいました。

素敵な写真をありがとうございました。
by phacelia | 2012-06-15 15:42 | k9フリースタイル
アウラのファンマッチ
日曜日、アウラのファンマッチに参加してきました。

今までは、ファンマッチもコンペも、何だかお祭りに参加しているような気もちでした。
参加しているというより、見学しているって感じで、上手な方の演技を見たり、周りの方とおしゃべりしているのが楽しかった(#^.^#)

でも、毎回、毎回、言われることが、私の動き。

ツナギをスムーズに。
止めるところと動くところをはっきりと。
足をバタバタさせない。
お腹は引っ込める。
犬の動きをあなたが生かしてあげなさい。

etc,etc・・・・・・

へっぴり腰で、ダンスが大の苦手の私には、
言われても、どうしていいのかわからない。
気をつけても、出来ていない。

でも、確かなことは、

「犬たちは頑張っているのに、私が足を引っ張っている」

ということ・・・・。
それは、犬たちに、あまりに申し訳ない・・・。

なので、前回のコンペから、見学もおしゃべりも諦めて、自由スペースで、自分の動きを何度も練習することにしました。

その日になって練習しても、いきなり上手になるワケじゃない。
それに、犬が付くと、途端に自分の動きどころじゃなくなっちゃう。。。

上手ならともかく、下手っぴが、1人で動いているのって、ものすごーーく恥ずかしい!!!!
誰も見ている人なんていないだろうに、どきまぎしてしまう。

だけど、このどぎまぎが、本番の緊張を、少し中和してくれているような気がしました。

あと、もう一つ。大きな利点が!!
私ってひどい方向音痴なんです。
道を覚えるなんて、ぜーーーーたい出来ない!!!(威張るな。。。)

リンクも、いつもと違うと、右と左が分からなくなっちゃうの。
以前、ぼのっちの演技の時に、最初から逆に歩いて、その後、ずっーーーと
「どうしよう、どうしよう」
で、終わってしまった経験あり。。。とほほほほ。

それが、リンクを見ながら練習することで、とりあえず、右と左は間違えずに動ける!!
「練習の成果ってそこかい」って感じだけれど、ホント、右と左を間違えると悲惨なんですよー。

とりあえず、自分のどぎまぎと方向音痴打破のためっでも、御の字です。

前回方向を間違えずに済んだことに気を良くした私は、今回も、練習をして過ごしました。
後は、前日お腹をこわしていた、ぼのっちのトイレ番。

なのでたっくさんのエントリーがあったのに、ほとんど見れなかった。
それは、本当に残念でした!!!

そしてぼのっちの番。

最初は良い感じかなって思いました。
でも、段々とやる気がなくなっている感じが・・・。
そしてジャンプをしなくて、まままっまずいぞーー。
バック。。。しないじゃん!!
しょうがないので、私が押してごまかす。
苦手な匍匐前進は、今回も失敗。
この失敗の中、曲は進んでしまったので、この後は、色々カット。
やっぱりなーーっの結果だったのでした。

ジャッジから頂いたコメントには、「止める部分と動く部分をはっきりと」とありました。
あぁぁぁ、わかっているんだーーー。できないんだーーー。
ぼのっち、すまないのーー。

それから、前日の下痢でご飯なしだったので、お腹をすかしていたぼのっち。
ファンマッチなのだから、中盤でおやつをあげれば、集中力が続いたのではっと思いました。

お次は、ふぁーちゃん。

今度は途中でおやつをあげてみた。
そうしたら、これが大失敗。

ポケットがないので、おやつを手に持ってしたら、途中でおやつをあげてからは、手ばかり気にして。。。
横にいてほしいのに、後ろに廻ってしまったり。。。
あわあやおととっと私も慌ててしまって・・・。

ホント、難しいこっちゃ。

ジャッジの方達からは、
「オヤツなんて持つな!!」
「オヤツに気を取られてしまってもったいなかった」

っと、非難ごうごう・・・・・。

またしても私の失敗です。ふぁーちゃん、すみませんでした。

今回も、またまた、初歩的ミスに、私の動きの拙さと、毎度のように、犬たちの足を引っ張って終わったのでした。

ふぁーちゃんに、Soyer!Award という賞を頂きました。
ありがとうございました。
そしてふぁーちゃん、ありがとう、おめでとう。

後半の上手な方達の演技は、ゆっくりと堪能させて頂きました。
みんな、どれも素敵で、完全に観客になりきって感動させて頂きました。

和やかな雰囲気の素敵なファンマッチを開催頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
by phacelia | 2012-05-18 12:25 | k9フリースタイル