ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
c0031288_223385.jpg

すごい雷が鳴りました。
その、すっごい雷の時、主人は犬の散歩に行っていたのです。
もう、心配で心配で・・・・。
なんでまだ帰ってこないの?
もしかしたら、くっくが雷が怖くて変になっちゃったのかしら・・・。
もしかしたら、傘に落雷して、主人が死んじゃったのかしら・・・。

怖くて仕方なかったけれど、玄関を開けて外を何度も見てみたり、くま子にお線香を立てて「無事に帰ってきますように」ってお祈りまでしちゃいました。

くっくは、雷が苦手なのです。
くま子のようにはならないので、主人が気づいているかどうかはわからないのですが、足がすくんだり、震えたり、息が荒くなったりしているのです。

こんな雷の中、外にいたら、どんなに怖いだろうと、それを思うとかわいそうで・・。
そのストレスが命を縮めたり、免疫を低下したり、ガンにもよくないと思うし・・・。

たかが雷ですが、くま子とくっくと私にとっては、「されど雷」です。
怖いものは怖いのですもの・・・。

そうでなくても、くっくは心配でならないのです。
長生きして欲しいんだもの。
命を縮めることや、怖いことやストレスは、できるだけかけたくないのです。

犬達も、主人も無事に帰ってきて本当にほっとしました。
ずぶぬれになったふぁーは、別の犬みたいでした。
犬達を拭いてあげたり、お菓子をあげたりしていたら、雷も鳴り止みました。
あーぁ、これからは雷の季節だなーー。
いやだ、いやだ。
by phacelia | 2005-06-04 23:12 | いぬばかでれでれ