ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
前向きに
c0031288_4453499.jpg


春のファンマッチや競技会が目前にせまってきました。

よく、「3頭出すのなんて大変でしょう」と言われます。
大変なことは大変なのですが、本当は、「3頭だから」ではなくて、「ぼのっちとやるのが大変」なのです。

ふぁーちゃんも、ぼのっちも、去年の5月末から始めた曲です。
1年近くになるので、ふぁーちゃんは、ほぼ理解してくれています。

るーちゃんは、まだ、競技会クラスに出せるようなことは、何もできないし、上手に出来なくて当たり前なので、楽しくできればよいのです。

難関なのは、ぼのっちです。

ひょうきんでとぼけたところのある、面白くて可愛い子なのですが、気が小さいし、環境の変化に弱いし、気分屋さんなのです。

気持ちがハイな時には、やることががさつだし、乗らないと、3回位指示を出してやっと、「仕方ないな」って感じで、のったりになってしまいます。

オヤツが大好きなのは、3頭共一緒ですが、ふぁーちゃんやるーちゃんは、
「何かするのも楽しいし、オヤツももらえる」
という感じなのに、ぼのは、
「オヤツをもらえるからやる」
という感じなのです。

それでも、ジャンプや得意になっているトリックは、楽しそうなので、多分、楽しめるまでの自信が備わっていないのだと思います。

気が小さくて、自信がもてなくて、環境に弱い子だからこそ、色んな場に出して、良い経験をさせないと育たない・・・・・・のは、よーーーく分かるのですが・・・・・・やっぱり、気が重い。

でも、気が重いと、そういうのもすぐに察知しちゃうから、私の気持ちから、切り替えていかないといけない。

「明るく、楽しく、ノセて」
なんて、懸命にやっても、私が無理しているとか、わざとらしいっとか、察知しちゃう・・・。

本当に、今のぼのと楽しんであげないと、ぼのには、何でもお見通しなんですもの・・・。

「できなくてもいい」って思っているけれど、それでも、心の片隅で、「できたらいい」があると、どこかで伝わってしまう。。。

まずの問題は、私の精神面の弱さ。

去年の秋のファンマッチで、笠原さんが撮影して下さったぼのっち。
どのぼのっちも、ちゃんと、私を見て、答えようとしてくれていました。
どのお顔も、とっても良いお顔ばかりです。

今日から、毎日、このブログを見ようと思います。
自己反省しつつ、ぼのっちの画像に元気をもらって。
ちゃんと、ぼのっちと向き合おう!!!

c0031288_4441032.jpg


c0031288_4591542.jpg


c0031288_4443580.jpg


c0031288_4445868.jpg


c0031288_4593533.jpg

by phacelia | 2013-03-19 05:01 | k9フリースタイル