ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
はじめの一歩
c0031288_1051249.jpg


10月のレッスンは、とってもタイムリーな内容でした。
るーちゃんのヒールワークで、私の肩が開いてしまっていること、トリーツをあげるとき、ピョンピョン立ち上がらせてしまっていること等を指摘されました。

ポジションは、犬に自分の足を基準にして教えるのですが、いつも肩で押していれば、肩を見て覚えてしまうし、その肩が開いてしまえば、犬を後ろに下げてしまう。

るーちゃんは、今、きちんと教えてあげないと、変なクセをつけてしまいます。

指摘されて、肩を気にして正しい位置にすると、既に、るーちゃんは混乱してしまいました。
これが、もっと時間がたっていれば、もっと修正が難しくなっていたことでしょう。

c0031288_1074723.jpg


るーちゃんにしていることは、ぼのっちにもふぁーにも、してしまっていることです。
撮影して頂いた画像を見ても、肩が開いている・・・・。

以前、外廻りと内廻りでの、ポジションの意識について指導頂いたのですが、これもまた、るーちゃんだけでなく、ぼのもふぁーも、トレーニングが不足していました。

特に、ぼのもふぁーも、遅れがちなので、どうしても外回りで、犬に付いてくる意識をつけることばかりを大事に考えていたので、内側にしたときのポジションの乱れがなあなあになっていました。

そして、細かい意識をつける地味なトレーニングを、つまらなくさせないためにも、褒めや、おもちゃを使ったりの遊びの組み入れが大事になるのだと思います。

これもまた、るーちゃんは、ノリが良いのですが、ぼのやふぁーは、おもちゃに対しての興味が強くないので、どうしても、オヤツにばかり頼ってきてしまいました。

それは、私にもおもちゃを使用したトレーニングの経験不足になるし、クセにもなってきてしまっています。

c0031288_1091896.jpg


るーちゃんと、原点からのトレーニングをしていて、改めて、ぼのやふぁーの欠点がどこから発生しているのか、どこが不足しているのか、気づくことが多いこのごろです。
by phacelia | 2012-10-26 10:10 | k9フリースタイル