ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
先天性や遺伝性の病気とはじめての歯磨き
c0031288_1455171.jpg


見た目、殆ど黒ポメなので、まず注意しないといけないのは、パテラだと思う。
避妊手術をするときに可能なら、麻酔下で、あちこちの関節の様子をレントゲンで確認して頂こうと思います。

後は、気管虚脱も多いみたい・・・。
早くにリードに慣らして、引っ張らせない習慣をきちんとしないと。
気管に負担をかけないようにしないと・・。
胴輪にしようかな・・・・。
どうしようかな・・・・。

他は何かしら・・。
眼疾患も多いよね。。
来年のアイチェックは、るーちゃんを診て頂こう。

小型犬は二重歯列が多いのだけれど、るーちゃんは、下の前歯に1本だけ乳歯が残っている。
しかもすごくグラグラしているのに、抜けない状態で残ってしまった様子。これも、避妊手術の時に、一緒に出来るかな??

これからのことを考えると、爪切りの次は、歯磨きだ!!
早くから慣らしてあげないと。。
歯ブラシを軽くあてて、褒めてあげることを始めました。

犬は歯石になるのが早いので、日々の積み重ねがとっても大事。
なのに、食事の後どころか、毎日の歯磨きの習慣は、中々できない。

6歳のぼのっちは、まだとっても綺麗だけれど、10歳になるふぁーちゃんは綺麗にしていたつもりなのに、口臭もあるし、エプリスで何度か手術した部分の上の前の歯が1本抜けてしまった。

この子は小さいから、余計に歯科衛生に注意してあげないとだ。。
頑張ろう、自分!!!

ふぁーもぼのっちもるーちゃんも、皆長生きしてもらいたいもん。
by phacelia | 2012-06-10 22:52 | いぬばかでれでれ