ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
動物病院
23日には、15歳と5ヶ月になる、ラブラドールのサンク。
悪性腫瘍が疑われるのですが、CTや組織検査のための麻酔もリスクが大きいので、確定診断も積極的治療もできなくて、、、でも逆に、毎日、彼女を抱き上げ、撫で、傍に感じることが出来ています。

今、症状の緩和のため、毎日7種類12錠ものお薬を飲んでいます。
そのお薬が、地震のあった日の翌日までしかなかったのです。

サンクさんは容態が悪いので、病院に連れて行くこともできず、かといって目を離すこともできないので、状況によっては往診頂いたり、定期的に主人が病院に行って、お薬をもらっていました。

地震の関係で、都内に暫くいることになってしまった主人。

どうしようと思い、相談しましたら、お薬を郵送して下さることになりました。

宅急便で翌日には届けて頂けたお薬。
今、サンクさんの命を何とか繋いでいるお薬です。

動物病院の取り計らいのお陰で、一度も欠かすことなく、お薬をあげることが出来ました。

本当に本当にありがとうございました。

今日の早朝は、又、比較的多い量の出血があったサンク。
でも朝ごはんは、しっかり食べてくれました。

もう少し頑張ってくれる??
もう少し、一緒にいてね。
by phacelia | 2011-03-17 08:37 | いぬばかでれでれ