ほんわり*ふぁ
phacelia.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
早すぎるよ・・・・
昨日、マック君は、天国へ旅立っていきました。
再度輸血を受け、回復の兆しを見せていた矢先に、ショック症状を起こし、急変してしまったそうです。。。。。
その後、解剖をお願いなさったそうです。
脾臓は肥大し、腫瘍病変があったそうですが、破裂はしていなかったそうです。そして肝臓から微量の出血部位があったそうです。
後日、院長先生にお聞きしたところ、内臓のあちこちに、血管肉腫ができていたそうです。
血管肉腫は、血行性に急速に転移するガンです。

死後もなかなか鼻血も止まらず、凝血異常が見られたそうです。
血管肉腫は、播種性血管内凝固症候群(DIC)というのが起こります。
DICは、致命的な状態を引き起こします。
循環血中で血餅が形成されて、血液凝固因子や血小板が消費され、広範囲の出血につながります。
全身でフイブリンが析出することによって、微小血管障害性溶血性貧血を併発することもあります。
急性代償不全、食欲不振、虚脱、あらゆる部位からの出血がおき、粘膜蒼白、多臓器不全になり、失血または肺血栓による呼吸困難を起こします。

マック君、まだあまりにも早すぎるよ。。。
夜、ご挨拶をさせていただいたのですが、横たわっている姿を見ても、冷たくなった体を触っても、それでも、実感が湧きませんでした。
ついこの前まで、子犬子犬していたマック。
やっと、グローネンダールらしい精悍な顔立ちになって、大人になったなーって思っていたばかりでした。

たくさんの花に囲まれて、夜遅くまで、多くの方たちが訪れて、マック君や飼い主さまのお人柄が偲ばれるお別れでした。
by phacelia | 2005-03-25 22:12 | 犬 病気のこと